人気ブログランキング |

<   2010年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「山谷でホスピス始めました」 山本雅基著

 ある日のラジオ番組のゲストで、「山谷でホスピス始めました」の著者である山本雅基さんの話を聞いたのが読むきっかけだ。
 常識的にはちょっと驚いてしまうその経緯を聞いていて、なんとも言葉にならなかった。
 感心したとかなんていうのもどこか恥ずかしい。
 (ちなみに山田洋次監督の映画「おとうと」の題材のヒントとなった著作ということらしい)

  彼は、いわば無一文から、ほぼ借金のみで、山谷のドヤ街を住処とする人たちの老後に、安心や希望を提供したいというシンプルな動機で、「きぼうのいえ」というホスピスを始めた。
 それには運命的な奥さんとの出会いとか、一億以上の借金の保証人を無謀に引き受ける神父とか、
そういうサポートもなくてはできなかったことだが、結果不可能のようなことを可能にしてしまった。

  といって、山本さんは強靭な人かというとむしろ繊細で弱く、幾度も挫折や鬱や過労で倒れたりと、そういう流れを含みつつのことだ。
 それでも話を聞いていて、なんとも柔らかなところへと到達していく人柄への驚きもあった。
 著作を読んでいてその詳細がだいぶ理解された。

  入居した山谷の老人たちとの日々の出来事、その彼らの辿った人生の時間へと思いを馳せる著者。
 そこには何冊も本のできそうな人生の物語が確かに感じられ、ただただ黙して読者も読むしかない。しかし、当の彼らが饒舌に語る訳ではない。むしろ語らない過去だからこそ、対面する者が察し深く感じとるものだと思われる。

 そのホスピスの日々の想像を絶する大変さももちろんのことだけれど、ある意味では、いまのこの社会が失った日だまりの日々の日記でもある。
 すべてはそして、山本さんが著作の最後の方で言う、この言葉にすべて集約されている感じがした。

 「ほんの小さなつまづきで人生を棒に振ってしまうような罠が、この社会にはいくつも張り巡らされている。
そういうひとたちにこそ、人生の最後に生きる希望を取り戻し、悲しみを癒し、希望とともに次のステージ、すなわち死の世界に進んでいくための場所が必要なのだ」
by past_light | 2010-03-30 20:31 | ■Column Past Light | Trackback | Comments(0)

つぶやきは時計の秒針

 ツイッターをしばらく使ってみて、ブログでのんびり書いている気分とは相当違うということが印象的。
 短い文字数でつぶやくのは、ある意味で簡単でもあるけれど、特に生活の細部を記録する趣味がないので、そうすると対してつぶやくこともなくなる。
 流れていく他の人の文字列を眺めていると、呆然と失語症のアンニュイともいうような気分にもなる。「失語症のアンニュイ」は昔ボクの版画に付けたタイトルですが、思い出すのですよこの言葉。

 ネットで同じように書くという行為としても、ブログとかまとめて書く日記とか、そういう意識とは全く別。これは全く別の意識を持って関わる方がいいんじゃないかと感じるもの。眺めていれば、むしろ忙しい人の方がつぎつぎと文字を打っている様子が目に浮かぶ。政治家の原口さんとか、フリージャーナリストの方とか、現場を移動しながら携帯だろうか、繋ぎっぱなしのようだ。彼らの行動は分刻み,そしてツイッターでは秒刻みだ。そのエネルギーにおそれいります。
 それは読者というかフォローする人の数の多さが相互作用のように影響していると思う。リアルな同時間の中で文字を打つ人間へとエネルギーを送っているような世界だろう。舞台の役者と観客の現場でのリアルな交換がつまり推進力、流れを促進する。
 ぼくはどうも今のところ、流れに乗っていない。猫と散歩しているようなリズムでは無用なメディアか(笑)。
by past_light | 2010-03-07 03:04 | ■Column Past Light | Trackback | Comments(0)

過去と現在、記憶のコラム。関連ありなTBはラヴリー。リンクはフリー。コメントはブラボー。


by Past Light
プロフィールを見る
更新通知を受け取る