人気ブログランキング |

<   2009年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今日のマガジン

●朝日コムより、ソフトな話題

中学生のスザンヌさん「本田技研は都道府県」 ママ語る

——娘が「おバカ」キャラで売り出されたことについては

 年配の方に「本当に恥ずかしくないですか」と聞かれますが、まったく違和感はないんです。ただ勉強ができないだけなので。敬語やあいさつができない方がよほど恥ずかしいことだと思うんです。その点、娘は笑顔で元気なあいさつができるように育てました。
・・・
スザンヌの人気が出るにつれ「どんな子育てをしたのか」と聞かれることが増えました。思春期の子が親の言うことを聞いてくれない、という相談もありますが、思春期は親のがまんが大切。大事にならないよう目を光らせながら見ていくしかない。いつかはきちんとした社会人になってくれるものです。

----------------------------
このお母さん,以前テレビで見たことがあるのですが,意外! すごく常識的で、しっかりしてる人だ!。

●レビュー3点

Apple iPod touch 

まず,このデザイン。アップルでしか発想しないでしょうね。このデリケートさ。
それがいわば取り扱う場合にマイナスでもありうる、という不思議な存在感。
SONYが昔そうだったと聞いた記憶がありますが,いつか忘れたセンスでしょうか。

デザインを優先して、そこへまた自由な発想の機能を詰め込む。
ぜったいにマイナス面は出てくるはずですが,それは存在の特異さによって魅力に転じてしまう、そう思わせてしまう所有したときの満足感など・・。

持ち歩くには、デリケートさ故どうしてもカバーを着せたくなります。それは計算済みでしょう。
そのままではまるで美女の裸体を外気にさらすような不安感。

そんなアクセサリーの市場も潤沢に存在していく・・。
お得な、持ち運び用のケース付きとか、そんな配慮は元々さらさらしない(笑)。
なんともおそろしいほどの商売センス。
それを楽しんでしまうぼくらはどうなっちゃったんだろう(笑)。


「水曜の朝、午前三時」Wednesday Morning, 3 AM  サイモン&ガーファンクル

昔テープに入れて寝床でよく聴いて、とても安らかな気持ちになったことを思いだす。
CDで改めて聴いていて、ポールのギターだけの伴奏と、ふたりのコーラスがシンプルでしかも若々しく美しい。
この後の多くの聴衆を持つに至るスタイルの、S&Gふたりの原点は、あまりにつつましく地味だけど,このアルバムだけが持つような魅力も多々ある。
ファンなら外せない一枚。

Communiqu ダイアーストレイツ

絶体絶命、最初のアルバムの絶大な成功により、セカンドアルバムの「コミュニケ」は実に余裕というものが感じられる。
このアルバムのマークのギターの滑らかな響きは、他のアルバムやライブではあまり味わえない類いの音,という気がする。
非常に心地よい。曲もアルバム全体においてどこか落ち着いた曲が多い。
レコード時代に毎日聴いていました。
いつか手元から消えていたのですが、どうしてもまたあの滑らかなギターの旋律と曲が聴きたくなって,CDで聴き始めました。

ヒットした「レディライター」においては、当時よりも何故かだが,今改めて聴いていて、日本のエレキ元祖「寺内タケシ」のギターのピッキングをどうしても思い浮かべてしまうのが,自分でも微笑ましく懐かしくて、楽しく聴き直しています。
by past_light | 2009-04-27 15:53 | ■Column Past Light | Trackback | Comments(0)

桜散る夜

昨日の雨で、完全に桜終わり。

あらためて夜、ウォーキング中に見渡した。
なんとみごとなもので、木々にはまったく花びらの跡形もない。
これほどまで一夜の雨で、きれいさっぱり流されてしまった桜の木も、なんだかはじめて見たような気がする。

テレビでユーミンが、「春よ」を歌っていたのが、なんとなくこころにぼんやり染みた。
長き冬からやっときた遠き春。
なんだかんだ言っても、サクラ好きなんだな。

また来年、ぼくらは美しい桜を見ることができるでしょうか。
神のみぞ知るか。

さて、つぎなる季節の恵み、初夏の香りに、みなさん生を謳歌しましょう。・・わざとらしいかな。(笑)
b0019960_293581.jpg

by past_light | 2009-04-16 02:13 | ■Column Past Light | Trackback | Comments(16)

なんどめか、春

桜は満開に咲いた。この数日にぎやかな公園だった。にぎやかすぎて、ちよっと奇妙にも思う。

土曜日、吉祥寺に行った。友人と会って、用事を済ませて別れた後、少し街を歩いたが、狭い歩道では、あまりの人の多さに満員電車のなかを移動しているような気分になった。駅ビルの駅の改札の近くではけたたましいアナウンスを繰り返していた。
「本日、ホームが混雑して危険な状態です。ご注意ください」危険な状態というのが目にイメージとして浮かぶ。
b0019960_221166.jpg

吉祥寺は井の頭公園という花見スポットがあるので、公園のまわりの近くの住民はたいへんだ。
公園の入り口に近づけば酒の香りがぷんぷんと・・様々な匂いと混じるから、ほんとうに「臭い」。
ここらあたりの土日の花見は人を見にいくようなもの。
まあ、大勢でお花見に来ている人たちは、ほとんど花を見ている風情でなく楽しく宴会をするのが目的だからいいんだろう。

今年は寒い日が長くつづいたような感じだ。この冬は、強烈に寒い日は少なかったけれど、かれこれ冬がだらだら四ヶ月という感じだった。
それはこのところの世相に似ていたのか,みんなの気分転換にも、ぽかぽかの春は待ち遠しいところだったのか。

それでも、そしてやがて夏もくれば何度目かの夏か・・と谷川俊太郎さんみたいにつぶやきたくなるけれど、こと春、桜が咲くと、その咲いている時間もまず短いから、よけいになにか郷愁とも言いたい気分になるとすれば、ともあれあんまり前向きな気分じゃないんだろうか、世の中じゃなくて自分(笑)。

先日血迷ってというか、携帯電話もないのに、いやないからか、使い勝手もあると思って、iPodタッチを買った。
これが、携帯オーディオはおろか、それよりも、パソコンみたいにアプリケーションを入れて、いろいろとできちゃうけっこうなもの。その気なら携帯電話の代わりまではいかなくとも、無料電話や格安電話も可能。青空文庫だって読み放題、ピアノだって練習できちゃう。・・とアップルの回し者みたいになりそうで、このへんで控えたい(笑)。
by past_light | 2009-04-07 02:32 | ■Column Past Light | Trackback | Comments(2)

過去と現在、記憶のコラム。関連ありなTBはラヴリー。リンクはフリー。コメントはブラボー。


by Past Light
プロフィールを見る
更新通知を受け取る