決めない、やさしさ

 がばいばあちゃんつづきから、、豆腐売りのオジサンの話があって、いつも洋七少年は、ばあちゃんに言われて、角の欠けた豆腐を買っていたそうだ。なぜならいわゆる半額、当時10円の豆腐が角が欠けていると5円で買えたそうだ。
 しかしその日は角の欠けた豆腐はなくなっていて、10円の豆腐ひとつだけしか残っていなかった。洋七少年はばあちゃんに知らせようとしたが、制止されて振り返り、その豆腐をふたたび見ると角が欠けていた。豆腐屋のオジサンは「ばあちゃんにはいうな」と言ったそうだ。
 「人に気づかれないのが本当の優しさ、本当の親切」というばあちゃん語録は、そうして洋七少年のこころにふかく染み入って生きた教えになったんだろう。

 作家、脚本家の山田太一さんのエッセイの後書きだったかにあった話で、戦後の食料不足の日々のなか、まだ少年だった太一くんは妹と闇米を買いに行った使いの帰りの列車途上のこと、途中列車は急に止まり、みんなが恐れていた検閲が入った。乗客は外に出され整列させられ一人一人のチェックがはじまった。

 だんだんと近づくこわい制服を着た人たちに、どうしようと、内心おそろしくてしかたなかった。一番近くにいたひとりの制服の人が、太一少年たちを見てなにか感じたのだろう。「そちらはどうか」と向こうから声がしたが、その人は「こちらはなにもないです」と、太一少年たちを見逃してくれたのだという。
 ディティールは原文と違うと思うが、だいたいそんな話で、山田さんは、その時のことを思い出して、どのような時勢のなかにも、画一化された人間ばかりではなく、そういう人がいることが「救い」である。と言うような話を書いていた。

 それは「夜と霧」で著者が、・・・「悪」と「善」というグループ(たとえば国家)が存在するわけではない。どのグループにも、おなじ状況の中で、通りすがりに思いやりのある言葉をかけることのできた人間がいた。・・・という話をも思い出させた。

 たとえば人と人が関係する社会にとって、なにもかもを「決り事」だから、、と、定規できっちりと切って計るような主体性のない感性とは、これは別次元の、人間にとって重大な感受性で、そのことの衰退はもっともおそるべきことなのかもしれない。
[PR]
トラックバックURL : https://past.exblog.jp/tb/6373310
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by misa-asakura at 2007-01-23 00:35 x
past-lightさん、はじめまして(^-^)
がばいばあちゃんの記事全部拝見しました。
「がばいばあちゃんの笑顔がうつくしい」と、書いてありましたね
私も、がばいばあちゃんの笑顔が大好きなので、同じ思いで嬉しかったです。

豆腐や運動会のお弁当、ジーンときましたね。
人に気付かれないようにするのが、本当の優しさだと教えてくれたおばあちゃん、最高です。

私自身も、がばいばあちゃんの本に出会い、言葉に影響されて、人生変わりました。
子供の頃からの夢を、追いかけている所です。
私の事を知って頂きたいので、もしよかったら、私のブログ「みさのへや」を見に来て下さい。
私もまた来ます(^-^)/
Commented by past_light at 2007-01-23 01:37
misa-asakuraさん、御訪問ありがとうございます。
それから、がばいばあちゃんの記事を読んで頂いて、コメント頂いて感謝。・・と思いつつ、misa-asakuraさんのブログを拝見していましたら、「がばいばあちゃん」のお話がたっぷり。しかもイメージソングを歌っていらっしゃる方で、頑張っていらっしゃる日々がすごく感じられました。
まだまだ読み切れないのと思いますので、またちょくちょく伺いつつ、拝読させて頂きます。

そうでした。運動会の先生とお弁当の取り替えっこ、これは胸を熱くさせるエピソードですね。「気づかれないように」と言う意味でもよく伝わる話でした。

それから、もうひとつびっくりしたのは地元が九州みたいですね、それに少し読ませて頂いたら、大野城市のサティの文字が見えたので、うちの両親の現在の住処とすぐそばですよ。(笑)
ともあれ、これからも読ませて頂きます。ありがとうございました
Commented by misa-asakura at 2007-01-23 21:34 x
見に来て下さってありがとうございます!!
私のブログのお返事にも書いてますが、ご両親が同じ大野城市在住なんて、ビックリしました!!
ε=ヾ(;゜ロ゜)ノ

ちなみに私は今も、大野城市からコメントしてます(*^_^*)

すごいご縁ですね♪

2年前まで、大野城市の老人病院で看護師をしてました。

看護していたお年寄りの患者さんの前で、デビューのご報告ライブをした時は、福岡のニュースにも取り上げられたので、大野城市のご両親も見て下さってたら嬉しいなぁ(^-^)

映画上映中の頃なので、もう随分前ですが。

past_lightさんと共通点があって嬉しかったです☆
これからもよろしくお願いしまーす(^O^)/
Commented by past_light at 2007-01-24 02:42
misaさん、こちらこそ、ありがとうございます。
そちらは書き込みも多くて、お返事も楽しいですが、またたいへんでもあるかと思います。それでもひとりひとりに時間をつくってお返事をされているようで、感服しています。どうぞ、お疲れのないように。

大野城市、年末に一週間ほどいたんですよ。サティはほぼ毎日、行ってました(笑)。今度両親にも教えておきますね。
いつか福岡でばったりお会いしましょう(笑)。

こちらこそ今後ともよろしくお願いします。
エキサイトのリンクに加えさせて頂きます。
by past_light | 2007-01-22 19:22 | ■Column Past Light | Trackback | Comments(4)

過去と現在、記憶のコラム。関連ありなTBはラヴリー。リンクはフリー。コメントはブラボー。


by Past Light