残暑お見舞い、それからそれまで。

 残暑お見舞い申し上げます。

 すでに夏の後半ですが、東京もじりじりとした陽射しがすごいここ数日です。昨日今日は雲ひとつない青空。
 夏は好きな季節ですが、さすがに暑さのきつい日が続くと涼しい空気が早く欲しくなります。
 それでも実際にそんな時期になると、きまって夏の終わりの淋しさを感じてしまうのがなんだか勝手なもの。
 夏の終わりは一年の終わりへと、時間のスピードが増して行く落ち着かなさがある。
 節電癖がついてというか、昨年からエアコンをつける日が極端に減りました。今年も数日つけただけ。そんな習慣にパソコンも扇風機の風でしのいでいる日々に慣れたか。

 実のところ私事だけど今年は年明け間もなく体調を崩した。
 昨年からの左目の飛蚊症の悪化があり、それが硝子体出血で左目はもうもうとした煙が立ちこめているような状態である。いつもなら2週間ほどで回復したが、今回は数ヶ月は片目の状態だ。それは出血した濁りが目の中に吸収されるのを待つか、リスクのある手術しかない。不便でうっとうしいが、いろいろ事情もあるしこれはひたすら待つことにした。

 それでじつは本筋。一月も中旬からそれは始まった。例によって病院に行くか行かないかと思って居る間に数ヶ月で体重が8キロぐらいも落ちた。(現在はあっという間に6キロ以上回復)。
 普通の常識人ならさっさと医者に診てもらう類いのものだが、当初数ヶ月の間、ネットや本で自分であれこれ調べているとある病名に行き着いた・・。
 症状としては、気づくと腕や肩に力が入らない、足腰もで、筋力の極端な低下、少しの運動でもひどい息切れ、動悸、坂を上っても布団の上げ下ろしでも息切れと胸の痛み、ふくらはぎの筋肉痛ががんこに取れない、すぐに胸が痛んで数分も走れない。声も枯れて人と話すのにも困る・・。そんな症状から、最初はこれは心臓あたりかなと思いながら、心不全とかで死ぬか、自力で(笑)どこまで回復するか頑張ってみたけれど、これじゃ生きてるのも辛くなる。それでいてかたや食欲も落ちずにいるのに激やせというのもおかしい・・。など何十年も医者にかからず居たこの身体も症状のデパート化しちゃったなと観念する。

 さすがに諦めて近所の医者にメモした紙を見せながら「甲状腺機能亢進症(バセドウ)」に似ていると思うのですが、と尋ねたら、「するどいですね」と笑われた。血液検査をして数日結果を聞くとまさに典型的な数値が出ていた。「女性に多いと言われてますが,経験的に男性も多い」と言う。元々の体質に誘因もありそうだが、なにかのきっかけで発症したようだ。甲状腺と言うと放射性物質の影響もあるんじゃないかと思うが、いかんせんこの病は意外にポピュラーだ。

 それでも子供の頃に見たバセドウ患者の写真は、外観的には目が飛び出ている、喉が腫れている、それら外見から子供にも怖い奇病に思われるもので、こんな病気になったらイヤだなと思ったことを思い出したりした。
 ネットで患者さんの闘病記を読んだりしたが、あまり外見的に変化のないせいで、この病名に行き着くのに時間がかかる人も居るので、わりと多くの人の体調不良の中には隠れている病気かもしれない。

 僕の場合はこの病気に典型的な薬がわりによく効いて、二月足らずでかなり症状が消えた。体重もどんどんと戻って来たし、腕立て伏せやダンベルでおもしろいほど筋肉も戻って来た。無理はするなと言われたが無理したくなるほど身体が動かしたくなる。しかしこれは薬で甲状腺の分泌を抑制してのことなので、自らの脳からの甲状腺分泌コントロール機能の正常化には思いのほか時間がかかる。度々の血液検査の数値に絵に描いたように表れている。だがその血液検査が結構コストがかかるので患者には痛いところだ。
 先日、オリンピックの水泳で銅メダルの日本の少女も同じ薬を飲んでいた映像を見て、妙に親近感が湧いた。

 この病気は「暑さに弱く、暑がりで汗が大量に出る」という症状も多いので、なんとかぎりぎり夏の盛りまでに体力を戻せたのは不幸中の幸いと思う他ないだろうか。
[PR]

by past_light | 2012-08-23 17:22 | ■Column Past Light | Trackback | Comments(3)

トラックバックURL : https://past.exblog.jp/tb/18872412
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by さすらい at 2012-08-23 23:10 x
大変でしたね。我々くらいの年齢になると、何かしらの故障が体に出てくるのが普通らしいです。異常を感じたら、早めに調べてもらった方がよいと思います。私自身の場合、ご存じのように糖尿病持ちですが、この5年ぐらい両足の筋肉が痛くて困っています。座っていても横になっていても痛みが続いていて、最近は筋肉痛とセットでしびれもひどくなっています。
Commented by さすらい at 2012-08-23 23:10 x
医者にはかかっていますが、糖尿病の関連症状と言われながら、効果のある薬もなく、痛みはひどくなってきています。8月に入って、太ももの筋肉痛からかばうために、変な姿勢で座ってパソコンを操作していたら、突然腰痛が起こりました。あっという間に隣の部屋に移動するのもつらいような状態になり、3週目に入った現在、ようやく神経を踏みつけるような痛みから鈍痛にレベルダウンしましたが、前回にはほど遠いです。筋肉痛はむしろひどくなっています。たまにふっと痛みが消えることがあるので、筋肉そのものの異常はないようです。まさに、だましだまし体を使っているようです。今日は1ヶ月半ぶりの検診で病院に行ってきました。回復しないのに薬代などは3万を超えているので、財布は破綻寸前です。健康は何よりもありがたいというのは、体を壊してみてわかることです。足が元に戻ったらバドミントンをしたい・・・とオリンピックを見ながら思いました。とにかく、お互いに体にはきをつけ、早めに対策を立てるようにしましょう。お大事にどうぞ。
Commented by past_light at 2012-08-25 14:18
暑い日が続きますね。
さすらいさんの御病気は以前よりうかがっていますが、大変そうでなんともお返事も軽率に書けない気持ちがします。
医者と話したおり、当初、急激な痩せには3つの病気がある、というのはなんとなくわかっていたので、(笑)がんか糖尿か甲状腺機能亢進かという選択しかないと思っていましたが、症状から推測するのはさして難しくないですね。
僕の場合は薬がかなり効いてオリンピックにも出れる少女も居ますから、今はむしろ病気がわかる以前より体力がある感じもします。
こんなに薬を毎日飲むのも生涯初めてのこと。特に副作用も今のところ感じないので運が良かったです。

ふくらはぎの筋肉痛はウソのように無くなりました。循環器系の症状が出るのでしょう。
さすらいさんの筋肉痛は少し神経からの持続的な痛みのように聴こえますが、どうなんでしょう。
ともあれお大事にしてください。