「レモン色の空」

 古い雑誌をぱらぱらとめくっていた。
 十数年ほど前の「鳩よ!」という雑誌は、毎回詩人や作家などを一人だけみっちりと特集していて、そのなかの何冊かが家に残っている。
 まだ佐野洋子さんと一緒になったばかりの頃の「谷川俊太郎の特集」や「寺山修司」、「太宰治と坂口安吾」・・と、価格390円でこんなに残しておきたくなる雑誌もそんなに多くないだろう。
 そんななかに一冊「光太郎と智恵子」の特集があり、ぼくはその有名なふたりについて、それほど関心が強くあったわけでもなく、「智恵子は東京に空がないという・・」という誰でも知っている詩のフレーズや、高村光太郎の彫刻がロダンにずいぶん影響を受けたものだろう・・というぐらいしか脳裏にもなかった。で、この雑誌の特集も、そんなに熱心に読んだ記憶もないので、はじめて読む感じでめくっていた。 その中に後生を精神を病んで生きた智恵子の最期を描写した詩があり、それは「レモン哀歌」という。

b0019960_1336512.jpg

 レモン哀歌

そんなにもあなたはレモンを待つていた
かなしく白くあかるい死の床で
わたしの手からとった一つのレモンを
あなたのきれいな歯ががりりと噛んだ
トパアズいろの香気が立つ
その数滴の天のものなるレモンの汁は
ぱつとあなたの意識を正常にした
あなたの青く澄んだ眼がかすかに笑ふ
わたしの手を握るあなたの力の健康さよ
あなたの咽に嵐はあるが
かういふ命の瀬戸ぎはに
智恵子はもとの智恵子となり
生涯の愛を一瞬にかたむけた
それからひと時
昔山巓(さんてん)でしたやうな深呼吸を一つして
あなたの機関はそれなり止まった
写真の前に挿した桜の花かげに
すずしく光るレモンを今日も置かう


 この詩やこの雑誌の執筆者たちの文から伝わってくるものは、光太郎の芸術家精神の、やや冷たい観察眼と、それに智恵子の愛らしさ・・と真直ぐな気性だ。しかし、それを伝えているのも光太郎の鋭い観察眼による詩によってであるというのが、詩に高められようとする時の、詩人の眼とその言葉の力であり、怖さでもある。タイプはちがうけど谷川俊太郎さんは佐野洋子さんと一緒になった頃、かなり詩人の限界をも自覚し始めていたように感じる。まあ、それがまた詩にされたりする・・というところがなんとも螺旋的な話でもあるが。だがこういうことに結論めいたことなどはいらないだろうとも思う。・・しかしなんとなく光太郎の詩には無自覚な感じも受けるのだけど、この時代と、芸術至上的な堅いが真面目な姿勢と、それもまた肯定的にも語れるだろう。確かに心を打つものがあるし、またそれは智恵子の存在を抜いてはあり得ないという19世紀的浪漫の香り・・でもあるのだ。

 あなたはだんだんきれいになる

をんなが付属品をだんだん棄てると
どうしてこんなにきれいになるのか。
年で洗はれたあなたのからだは
無辺際を飛ぶ天の金属。
見えも外聞もてんで歯のたたない中身ばかりの清冽な生きものが
生きて動いてさつさつと意慾する。
をんながをんなを取りもどすのは
かうした世紀の修行によるのか。
あなたが黙って立っていると
まことに神の造りしものだ。
時時内心おどろくほど
あなたはだんだんきれいになる。



 この詩に、北川太一という人がつけた解説のなかにある、智恵子の生活信条はすごい。 意志として持っては厳しい響きだが、当り前のことのようにも聴こえるところが純粋だ。
 「必要以外何物も有たないこと、外的な理由に魂を屈しないこと、赤裸なこと。」
(2000.8月・記述)
[PR]

by past_light | 2004-09-03 19:50 | ■Column Past Light | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://past.exblog.jp/tb/180469
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shou20031 at 2005-02-20 22:36
こんばんは。高村光太郎と智恵子の話聞いたことはありますが、自らその本を読もうとしたこともありません。光太郎がどんな視線で智恵子の死を見つめていたのか。確かにどきっとする感じがします。
大人のメルヘン小説毎日更新しています。気が向いたら覗いて下さい。
Commented by past_light at 2005-02-22 20:51
shou20031さん、御訪問ありがとうございます。
メルヘン小説、たくさんありますね、近い内にゆっくりと拝見させていただきますね。