独創的な自伝スタイル

「鉄輪」  藤原 新也 (著)
b0019960_17552087.jpg

著者が写真家でもあるから、このようなスタイルの本が自らだけの力で作れる、というのは本当にうらやましく思う人も多いだろう。

見開きの写真と、見開きでひとつのエピソードが、少年期の一番いわば世間的には辛い記憶から語られはじめる。
そこには少年期特有の、淡くとも露なエロティシズムがまといつくような、やるせない繊細な想いがこちらにも共有される。同時に著者の根幹にあるかの骨太の生命力。

各エピソードが連なり、記憶が次々と後を追って鮮明に物語られる。
湯の靄にかすむ鉄輪の町の情景とが重なって、一つの短いエピソードに、読み手の中にもやりと映像が構築されていくのがわかる。

拾った猫「次春」が、少年を親と思うか、常に後を追う姿が切なくもユーモアをもって目に浮かび、最終章の少年の旅立つバス停まで、映像が浮かんで仕方がなかった。
[PR]
トラックバックURL : https://past.exblog.jp/tb/12038470
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by past_light | 2009-09-30 17:56 | ■Column Past Light | Trackback | Comments(0)

過去と現在、記憶のコラム。関連ありなTBはラヴリー。リンクはフリー。コメントはブラボー。


by Past Light