ブログトップ
<   2009年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
「はい」、という返事、ドラマ「ありふれた奇跡」
山田さんの例のドラマ、最終回でした。(フジテレビ  ドラマ 「ありふれた奇跡」脚本・山田太一)

期待どおりというか、さわやかにハピーエンド。
ふりかえると、隅々に現代の日常にそっと隠されたかのようなテーマがあやとりのように絡まっている話だ。
設定は現実的なのに、そうとうファンタジックな展開になる、といってもいい話の流れのなかで。

といっても、へたな芝居のような深刻さがないのがいい。
大げさなメッセージはないといってよく、それらは視聴者へバトンタッチされるかのようなもので押付けがない。
登場人物たちそれぞれのように、人はいろいろありでもよくて、たとえば女装を楽しむオヤジさんたちのように、「いくらか隠し事があってよい」という「解決」であってもよいのだ。
b0019960_17224655.jpg
山田さんは、最終回になるとかならずみんなを集めて、気持を分ち合うかのシーンがある。見る人によっては、虫のよい纏め方にも感じるかも知れない。
それは山田さんが、ほんとうにやさしい、ということなんだろうなと思う。
登場してくれた人物にたいする眼差し、そして見届ける視聴者の、たぶん眼差しを信頼しているためでもあるだろうか。

リアル、あるいはドラマチックということに拘れば、きっともっと別の選択もある。若年層を念頭に置くような衝撃的な展開だってもっと作りえるだろう。しかし、「リアル」「現実」とはなんだろうか、と思わせてくれるような、山田太一の特色というものがそこにある。

それがたぶん、この人の脚本を好きじゃないというだろう人の、ツボにハマる台詞の、その特徴的なやりとりのなかにあるのかもしれない。それは今回は非常に挑戦的にさえ感じられるほど。

山田さんの、しつこいと思われてもいい、とでも決意したかのような台詞の数々に、きっとこれは譲れなかったものなんだというように感じる。

役者が話す、聴いている相手はかならず「はい」、あるいは「うん」と相づちを打つ。ふたりで聴いているとしたら、どちらかが「ハイ」と言い、交代で言うことも多い。複数、何人かでの場面では、誰かがかならず「ハイ」と返事する。
そうやって、話している人は安心して話を続けられる。

このドラマでは、そういう「聴く」という姿、目の前の相手にちゃんと向合う。という人の姿がある。
それは言ってみれば現代のぼくら日常のなかで、登場人物たちその対話の場面が、たとえば「ファンタジー」と映ってしまうかのような、そんな現代社会に生きているのか、、、という自省の念さえにつながる。
[PR]
by past_light | 2009-03-20 01:22 | ■主に映画の話題 | Trackback | Comments(0)
クレーのパペット
いままで、画集の片隅,ちいさなモノクロの写真などの図版でしか見ることができなかったクレーの独創的なパペットたち。
その写真集。購入してから1年ぐらい経ってしまったけれど、輸入本なので今ではたぶんすこし安く買えると思います。

パペットたちは、もともと芸術作品というより、子供たちを喜ばせようという最初の動機が感じられる作品だ。
この人形たちが小さな舞台で演じる劇は豊かな時間だったとろうと思う。
b0019960_20455048.jpg
子供たちのため・・とはいえ、クレーの絵に登場するような無気味な顔立ちの死神なども、ユーモアを持ちつつも、ぐっと怖さをかもし出している。

この本の中にある、クレーの息子であるフェリックスさんの、年齢を経ての、パペットを持って写っている写真の表情が、子供時代の幸福を物語る。

パペットたちのひとりひとりの個性的で味のある顔と、さらにまして、さまざまな風合の衣裳がすばらしい。
味わい,それは古くなった、からという意味ではなくて,むしろ、創られた当時にクレーが古生地を選択している際の創造性がひしひしと伝わるようなもの、芸術家ならではのセンスだ。

じっくりと、作品の一点一点をクリアなカラー写真で見れるのは幸福。
[PR]
by past_light | 2009-03-04 21:01 | ■Column Past Light | Trackback | Comments(2)
失って得た人
広告会社重役からスタバ店員に
サブタイトルに「恵まれた男が市井にもまれる」とあるように、ギル氏は「人が欲しいと思うものは、すべて持っている生活だった」と振り返る。

産経新聞の電話取材にギル氏は「かつては成功という自分の外側の物差しで人生をはかっていた。物質的な豊かさが幸せなのでなく、そうしたものから自由になることが幸せなのだと気づいた」と語る。

「今、小さいアパートの屋根裏部屋でプラスチックのテーブルにひじをもたせかけて話しているけど、ものを持たない暮らしは本当にいい。失うことで自分がよく見えてくる。今の方がずっと幸せだから昔に戻りたいとは思わない」


映画になるそうですが,いかにもトム・ハンクス主演のヒューマンドラマのイメージです。
[PR]
by past_light | 2009-03-03 13:13 | ■ちょっとミニメモ | Trackback | Comments(2)