<   2008年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

牛に引かれて善光寺参り

 人と人の関係性において大事なモノというのはやっぱり誠実さなんだろう。言葉は堅苦しいし、くそ真面目みたいに聞えるが、他に適当な言回しもない。

 いちばん嫌な感じというのは、なんでもいい加減に対応する癖が、もうびっしり張りついているとしか思えない会話で終始してしまうばかり、そんな相手だ。なにを話しても周辺をなぞるばかり、こういう時、単なる情報、知識のむなしさを思いだす後味の悪い時間になる。
 そういう人の顔付は特徴がある。相手の目を正面から見ない。微熱さえ入らない話ぶり。ストレートな気持の問い掛けにやりとりされる手答えがない。総じて言えば、相手の話など「聴いて」いない。
 思うと、他者の話にいい加減に対応しているということは、自分に対しても日頃おなじようにいい加減に対していることになる。自分にうつろだと、他者にもうつろに受答えをするだろう。
b0019960_17513910.jpg
 「聴く」ということが仕事の人がいる。カウンセラーという言葉も浸透したが、意外に日常的に普通は接する機会もないから、よくは実際はわからない。
 河合隼雄さんの本道で、たぶん代表的な書物にもなる「カウンセリングを語る」の上・下巻を読んだ。
 真剣でむずかしくもある事柄を、天才的にわかりやすく、軽妙に語る河合さんの不思議さにも感歎する。それは現場で、クライアントに対している専門家ばかりが「為になる」というだけではなく、ごく一般の人が読んで、どんどんと思い当ること多き、人が生きている時間に共鳴する話が、いわば「正しく」繰返されて話されている講演録。これは普遍的な名著だろう。こういう講演録に接する度に、このひとの日本に於ける特異な存在を貴重に思った。

 結論、最善策や選択できる対処法というような、ハウツーで答えを求めては適わない、それはむしろ危険でもあるだろう。人の「こころ」、人との「関係」の調整、洞察力を養うことに、参考、ヒント、支えになるというぐらいのつもりで話されている。それはその限界を深く認識した人だからの誠実さでもあるだろう。が、もっとも大事だと思われることを、ストレートに、またたびたび繰返される。それは聴き手や読者にとっては、お持ち帰りの「考案」ほどにむずかしいものだが。

 それはある種のショートカットを好む人種にはたまならくいらつかせるものかもしれない。でも、こうすればオッケーなんて特効薬がかつて存在したかと思えば、なら既に人間の世界はとっくに変わっていただろう。だからこれはもっとも誠実で正しい態度だろうし、たとえれば良質な漢方薬かホメオパシー療法みたいな講演録だ。

 河合さんは、「クライアント」こそが、じつは「すごい」。と実感を込めて言えるという多くの体験をされている。
 クライアント自らが治癒へ自力で向うこと、それに実はカウンセラーはいわば同行しているという自覚、そんな聴き手としての位置にありえること。それはたんに方法ではなく、技術(アート)と表現されるだろう。こうしなさい、ああしなさい、で即席に解決するなら、再び人の世界は既に平和だったのだから。

 ある女性のクライアントが、幾人かのカウンセラーを経て、河合さんとの出会いで治癒へ向う。最後に、彼女は「最初に、この人で治る」と直観したと話してくれる。魅力的な容姿だったから、どうしても特別な視線を感じていたが、河合さんは、言ってみれば表面は見てない、関心の向け方が最初から違っていた視線をしていた。

 毎回、嫁の悪口だけで時間を使い果してしまうクライアントに、聴いていたカウンセラーの河合さんは最初にこう言う。
 「牛に引かれて善光寺参り。というのはご存知でしょう」「お嫁さんは、その牛ですな」

 きょとんとするクライアントは、その後、遅々として進まない病状の改善に、いつも不平を言いながらも、なぜか通いつづけることになる。言ってみれば「牛に引かれて善光寺参り」という言葉も、クライアントには、謎だが、引力でもあるのだ。
 (「牛に引かれて善光寺参り」とは、婆さんの洗濯物を牛がひっかけて逃げた。その牛を追いかけているうちに、婆さんは善光寺まで来てしまった。それがきっかけで欲深かった婆さんは深く信心を持った・・。というはなし。端的には、なにがきっかけになるか人生わからない。というようなことだ。「万事塞翁が馬」というのも近い話と思われる。)

 やがてそんな予感はかたちを見せ始める。つまりある意味でクライアントはやがて宗教的な出会い、時期を迎える。
 河合さんによると、クライアントは言わば(潜在的に)「死の準備」にカウンセラーを訪れたのではないかという。
 それは一朝一夕で可能な準備でないのは当然である。

 それでなくても、歳老いて行く者にとって、相手は若いというだけで「腹の立つ」存在だという。自分が若いときはなにに於いても年長者に抑圧され、自由がなかった。しかし家に来た嫁はくらべれば自分が我慢したことばかりを平気でやっているように思える・・(笑)。毎日嫁を見ていて、今の姑の自分としては内部でふつふつする葛藤があるし、納まりのつかない思いがある。それをカウンセラーにくどくどと愚痴にしか聞こえないことをぶちまけなくてはいられない。でもそんな自分もつくづく嫌にもなる・・。心の落着き場所をそうして捜さざるをえない。しかし、そこはいったいどこなんだろう・・。

 そんな話しを読んでいたら、先日のコラムに書いた、つまるところ夏目漱石の「道草」とか、その主題にあるものは「牛に引かれて善光寺参り」という観点から、なにかつながって、ちよっとだけスッキリする話でもあった。
 それやこれやについては、できたらまた来年あたりに・・・。

 今年もありがとうございました。
 みなさま、よいお年を御迎えください。
[PR]
by past_light | 2008-12-29 01:33 | ■Column Past Light | Trackback | Comments(0)

だれでもよかった、という異常な渇き

 先日、ニュース23の特集を観ていて、複雑な思いになった。
 今、毎日のようにニュースの文字にある「派遣切り」、というなかにある当事者の路上でのインタビューだ。

 ひとりの男性は、以前営業の職にあった。成績は芳しくなく自分にも向いていないので、派遣の仕事に移ったが、今のような情況に仕事を無くした。
 それでも他の同じような情況に遭遇している人と共通するように、そういう状況に陥った原因の一端を「自己責任」という言葉で自らに向ける。

 それはなにか痛々しい響きだ。調子良く政界を後にしたふりをしているライオン丸の流行らせた言葉じゃないか。製造業への派遣制度を産み出したのは誰だったか。

 路上で暮すようになった男性はしかしこうも言う。

 「でも、なんだか仲間を助けたいというか、いうと、やさしい気持が湧いてくるようになって」
 「営業で忙しくしているころは、自分のことでいっぱいで、他人には目もくれなかったと思う」

 以前、マザー・テレサが日本などに訪れたときにも言っていたいう言葉が思いだされた。
「この国などに見られるように物質的先進国は豊かですが、その国の人の精神には餓えが蔓延しています」

 今年の傷ましい事件のなかに出て来た言葉に、「だれでもよかった」という字幕が多かった。
 それは理不尽で不可解でおそろしい言葉だ。しかし、今、大企業という怪物が見せている「派遣切り」とか不定期労働者の大量解雇に、そもそもの起点からまさにその同じ言葉を連想してしまうのはぼくだけなんだろうか、と思う。
[PR]
by past_light | 2008-12-28 02:39 | ■Column Past Light | Trackback | Comments(0)

思いだせば・・

先日の福岡の写真の最後に富士山の写真があります。

実は車内で、ほとんどうつらうつらとしていて、車窓の外を見ていない時だった。
何だか、何の前ぶれなくふと窓の外を見たら、富士山は正面に大きく見えて居た。
あれって、呼ばれた感じだな。おいせっかくだぞ、見たかったんだろう.、と。
やっぱり富士山ていうのはなにかあるな(笑)。

天気もよかったし、夕陽がさしてもいてクリアにすごく大きく見えました。
ご覧のように、傍に置いていたデジカメを向けた時はすでに遠退いていた。
[PR]
by past_light | 2008-12-26 02:01 | ■ちょっとミニメモ | Trackback | Comments(0)

「問題は、その問題を引き起こした考え方と同じ考え方をしているうちは解けない」

エンデの本の話を前に書きましたけど、「通貨」というものの歴史とか問題を具体的に語っているサイトを見つけました。講演録のビデオがあり、まだ1回目しか見ていないのですが、興味深いので、ご興味のある方に紹介しておきます。
---------
利子はバーチャルな数字であって、実体のないお金です。
利子分のお金は、椅子取りゲームのように、誰かから奪わなければ支払えません。だから、椅子を巡って激しい競争が行われます。
そして、全体でみれば、貸出し金額より返済金額の方が常に大きい。借金を完済しようと思えば、さらに新たな借金をしないと出来ない仕組みになっています。これを無限の借金ループと呼びます。
フォード自動車の創業者ヘンリー・フォードは「金融業者たちの目的は、消滅不可能な債務の創造による世界支配である」と語っています。・・・・

たとえば、100万円借りて元本の100万円のみ返せばよいのなら経済は成長させなくてもすみますが、100万円借りて元本+利子で110万円返さなければならないとなると、10万円分売上げを増やさなければならない。つまり経済成長しなければならないのです。
もう一つ、このシステムでは利子率を上回る収益を出せる事業にしか投資できないという問題があります。
しかし、必要な事業が必ずしも収益を出せるわけではありません。
収益は出ないけれども私たちにとって必要な事業というのはたくさんありますが、そういう事業には投資されることは、まずありません。

それと、ご存知の通り、地球は有限です。私たちの経済活動というのは、地球の生産能力および浄化能力の範囲内でしか持続的におこなうことはできません。
ですから、経済成長を続けていけば、やがて環境的破滅に行き着きます。
しかし、今の貨幣システムでは、経済的な破綻か環境的な破滅か、どちらかという選択肢しかありません。

かつては、経済が成長すれば皆が豊かになるとされていました。しかし、実際には経済格差が拡大するのみでした。
破産者が増えれば消費が止まり、成長も止まります。

このような行き詰まりを解消するために、戦争で全て破壊して一からつくり直す、スクラップ&ビルドなんてものがおこなわれる要因にもなります。
・・・・

現在起きている問題の多くは、ほとんどがこの貨幣システムに起因していることをご理解いただけると思います。
アインシュタインの「問題は、その問題を引き起こした考え方と同じ考え方をしているうちは解けない」という有名な言葉があります。
つまり、このシステムに手を付けない限り、自民党だろうが民主党だろうが、誰が政権を取っても、何をやっても状況は変わりません。
問題を解決するには、まったく違う発想をする必要があります。
インデックス
ビデオ-1
[PR]
by past_light | 2008-12-23 19:46 | ■ちょっとミニメモ | Trackback | Comments(0)

福岡のひと

b0019960_19542587.jpg

地方都市らしく山が見えるのがよい
b0019960_19544045.jpg

面白い雲です
b0019960_1954504.jpg

福岡空港から飛立つ飛行機は頭上を横切ります
b0019960_1955383.jpg

どこにもネコ好きはいる
b0019960_19551495.jpg

太宰府は近い。しかし歩くと韓国の言葉が飛び交う。ここは韓国かと思うほど
b0019960_19552577.jpg

ここのおみくじはカラフルです
b0019960_19553640.jpg

ひょうたんはどこかなまめかしい
b0019960_19554633.jpg

神社ならではの光景だ
b0019960_1956066.jpg

太宰府天満宮の近くのおもむきのある禅寺
b0019960_19561135.jpg

鬼瓦がかっこよし
b0019960_19562522.jpg

ひっきりなしに観光客のツーショットの御相手だ
b0019960_19563414.jpg

門前町の通りには土産物屋がたくさんある。なぜか鬼太郎専門
b0019960_19564536.jpg

この近くにある幼稚園はよさそうだ
b0019960_19565998.jpg

歩いていたら、典型的な日本家屋の窓の向うにクリスマスひな壇のディスプレー
b0019960_1957115.jpg

しゃちほこ
b0019960_19572415.jpg

暗い中を覗くと菩薩
b0019960_19574723.jpg

立派な家門
b0019960_1958069.jpg

ここを抜けて帰ります
b0019960_19581074.jpg

文字どおり、鬼瓦
b0019960_19582396.jpg

鳩たちよさようなら
b0019960_19583499.jpg

帰り、新幹線から富士山が見えた。あっという間に遠退く・・・
[PR]
by past_light | 2008-12-20 20:17 | ■ちょっとミニメモ | Trackback | Comments(2)

おお、掃除。

 ここ数年、家の大掃除はいい加減に済ませているが、今年もまた、ということになるでしょう。

 明日から1週間ほどネットを留守にします。・・というつながりは昨年とおんなじで、福岡の両親の家に行きます。昨年と同じく大掃除を担当します。一念に一度の親孝行、生きている間に親不孝の借りを少しだけ返します。・・(笑)。
 今年はデジカメを持って行って、福岡の街を少し撮って来たいと思いますけど、意外に街並の写真は東京と変らないかも知れませんね。
 今年は新幹線で行くのですが、乗っている時間は5時間です。飛行機だと1時間と30分ほどですが、羽田まで行ったり、待ち時間とかあわせて考えれば、たぶん正味2時間ほどの差でしょう。

 大昔・・、まだ19歳の頃だったと思いますが、年末に思い立って、そのころ長崎の片田舎の実家に帰郷した時には、ほぼ鈍行列車の旅で1日がかりでした。それもあってかどうか、10年以上も帰郷しない時機もありました。
 ところでそのときの帰郷は、朝の電車に乗り、ずっと立ったままで、つぎの明方を迎え、九州の土地に列車が入るころ、福岡方面、鹿児島方面へと別れる列車の乗換のために、ぎっしりと混んだ車内から出るために、近くの車窓から這い出してホームへ出たことがありました。
タフでしたね。・・でも戦後なんて当たりまえの光景だったんでしょうねぇ。

 そのとき、這い出して降りたホームから、車内の奇麗な乙女に、「さようなら」と挨拶しました。
 今はぼくと同じく歳を重ねたはずのあのときのあなた、覚えてますか ?・・そんなわけないだろ〜(笑)。

 というわけで頂いたコメントやメールのご返事がおくれますので、よろしく御願いします。
[PR]
by past_light | 2008-12-09 16:30 | ■Column Past Light | Trackback | Comments(0)

裸で生まれたわたしとあなた

 寒くなって来た。いつも寒さを感じ始める時期になると、やれやれこれから冬だなとちよっとユーウツになってしまうようにいつからかなった。平仮名ばかりも読みにくいな(笑)。
 今は日本でもコンクリートで囲まれた住いも多くて、密閉された室内、そういう暮しに慣れている人には想像できないだろうが、たとえば、北国のしんしんとした夜の「腹の底まで冷える」ような良寛さんが暮したあばら屋の話を以前も書いたけれど、木造の古い家屋などは建て付けがしっかりしていないと、すきま風の御世話になる季節だ。そのぶん自然の換気がガス中毒などから守ってくれるという意外な利点はこの際無理やりなはなしだから、控えて。

 加えて世の中こころも寒くなる話も多い。屋根の下で暮せるだけ仕合せだと思うが、あたりまえのように思っているそんな仕合せも脅かされて生きている人も多いこと、それは毎日のニュースを見ていると思わざるをえない。
 政治の世界はまさにパッチワークの処方箋を継ぎ継ぎと用意しながらの対処にこれからも追われるのだろう。
パッチワーク的な対処法があるだろうけれど、そうじゃないようなそういう話って、あまりしている人を見かけない。たぶんそれは既存の社会のシステムを根柢から変換するほどのことが必要だからだろう。

 考えてみれば、裸で生まれた人間が生きて行くのにそれほど多くの付属品はいらない。
 食べて、住んで、学べて、いざという病気や事故には助けてもらう・・。それほど欲張らなければ、もとは自然の資源が豊かだった地球に住んでいて、そんな名前のついた危機ばかりを心配しなくちゃならないようになったのだろうか疑問。だけど金融危機とかの中には強慾な者たちの得体の知れない不必要な危機を造る作為を感じる。
 働いてもらう方と働く者との関係とか、いま現在進行の話を見ていると、やはり「経済」というものの価値を多大に高めたために、だれしも気持にすきま風を呼び込んでしまい、一方では、ほっとする人間性をどんどんと退化させたような風景が眼前に見えて来てしまう年の瀬だ。
[PR]
by past_light | 2008-12-06 20:55 | ■Column Past Light | Trackback | Comments(2)

ドタバタ的なネコの開脚


ユーチューブで前に見つけたネコのムービーですが、なぜか時々また見てしまうので、この際おすそわけします(笑)。
ここのねこちゃんはセレブぶとりかな(笑)
[PR]
by past_light | 2008-12-02 01:45 | ■ちょっとミニメモ | Trackback | Comments(2)

過去と現在、記憶のコラム。関連ありなTBはラヴリー。リンクはフリー。コメントはブラボー。


by Past Light
プロフィールを見る
画像一覧