ブログトップ
<   2006年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧
「おまえ百まで わしゃいつまでも」
 「わたしは生きることが好きだから、生きものはみんな好きです」
 熊谷守一は「生きること」が好きだという。
 ともだちが生まれ変わる話などをしていて、「きみはどうだい、ぼくはもうこりごりだね」と言うと、「おれは何度でも生きるよ」と言う。

 写真に残るこれほどの美しい老人の顔、眼、姿はなかなかお目にかかれない、おなじく熊谷の率直な言葉にも、美しい個性が染みわたっている。
b0019960_1814665.jpg
 「わたしってしみったれですから幾つになっても命は惜しいです。命が惜しくなかったら見事なんだけど、残念だが惜しい。長く生きていたいです。どういうわけなんですかね。生きていたってたいしたことないでしょう。ここに座ってこうしているだけなんだから」

 「おまえ百まで わしゃいつまでも」と書の中に、熊谷はおちゃめに書いた。

 そんな老人が、訪ねてくる客人に大きな感銘、影響を与えているのが、いろんな人たちの文からよく伝わる。
 白州正子さんは、「たとえ一度だけでも、そういう人物にめぐり合えたことを、私は生涯の幸福だと思っていた」と書き、対話の中で、「出来ないことの面白さ」という言葉を聞き、「とたんに今まであくせく暮らしていたことが、つまらないものに見えて来た。」とも書いている。
 またある人は訪ねてそして帰る段になり、「自分はなんと素晴らしい人に会っていたことか」と思ったという。

 イーデス・ハンソンさんが熊谷守一のところに行って、語った記録がある。これが傑作なので(実は、誰とでもどこでも傑作なんだと思いますが)ところどころ抜粋。

H: そうすると、長い間同じ庭を見ていらしたわけですけど、微妙な変化はありますか。
熊谷: 時々知らない草がはえるんです。なんだろうなと考えるんですが、六年たっても何かわからない。もう三年くらいしたらわかるでしょう。気の長い話ですわ。

H : じゃ、こういうちいさい庭のなかでも、ふっと珍しいことがあったりして、退屈しませんね。
夫人 : 退屈するってことがないんですね。石ころ相手でも遊んでいます。
熊谷 : だから、わたしは監獄に入れられても、一番うまく暮らせると思うんです。(笑)
H : 話し相手がいなくても、退屈しない?
熊谷:  自分としゃべります。

H: はあ、どんなことをしゃべるんですか。
熊谷 :  いっぱいあります。いろんなものをさわるでしょう。あ、これは冷たい。これは温かい。中くらいに温かいと考えます。それから、マッチが今動いたでしょう。さっきあったのと、動かしてここに来たのとは違います。そういうのを見たり考えたりしていると、ま、忙しくってね。
H: そら忙しいよね。じゃ、一日中そんなことやって自分としゃべっているんですか。

熊谷 :  ええ、はたで見るとのんびりしているようだけども、実際はひどく忙しいんです。
H : それでは、あまり絵を描くヒマもないでしょう。
熊谷 :  そうなんですよ。

H : ・・・文化勲章あげるっていう話がありましたよね。辞退されたそうですけど、なぜですか。
熊谷: わたしは袴ってえもんが嫌いなんですよ。子供のころからきれいな着物を着せられるのがイヤなんです。無理に着せられると、泥のうえにころがって、わざと着物を汚したりした。腹が立ってしょうがないんです。
H : どうして腹が立つの?
熊谷: 自分はふだんみたいにしていたいんです。


 熊谷夫人は、ウソのつけない熊谷について、「大事に思うことがあまりに人と違っているので、一応のおつき合いで、それ以上のふれ合いにはなりにくいと思います」となんだか冷静におっしゃられている。
[PR]
by past_light | 2006-05-29 19:50 | ■Column Past Light | Trackback | Comments(4)
じっちやん
 熊谷守一のいい写真がたくさん載った本を借りて来た。
 以前買おうかなと思いつつも気持ちだけになっていたが、ちょっと高い本が借りれるとうれしい。

 熊谷守一の名前には不思議な縁があって、二十代前半、まだ名前も知らない頃、バイト先の同僚の女性が好きで、教えてもらった。ぼくの名前と一字同じ、絵も描くし、だから彼女は思い出して教えたのだ。その頃はたいして関心を持ったわけではなかったが、だんだんすごい人だと思い出しはじめてから数年だと思う。
 「すごいひと」というのは、もしや常識的な意味ではない。表面にはちっとも表れない、わからない、赤子のように無力に見える。だけどその柔らかさ、内にはびくともしない個性、そんなすごさと言える。

 前にサイトの掲示板がある頃、時々書き込んでくれた女性が、熊谷守一と御親戚だった。「じっちゃん」の御親戚らしい、エンデが好きな霊感溢れる個性的でやさしくてつよい、そんな感じを受ける人だ。掲示板はなくしてしまいましたが、見ていたらたまにはご挨拶ください(笑)。

 先日の 加島 祥造さんのタオの本の話の中にも熊谷さんは紹介されていました。この人こそ、タオの人だと同感。

 熊谷さんの言葉の中に老子もタオの話もでてきません。しかし老子は「人より前に出ようとしてはいけない」と言っていて、下記の熊谷の言葉には、生きたものとしてその意味をよく伝えているなあということです。

 「学校の先生はしょっちゅう偉くなれ、偉くなれと言っていました。
 しかし私は人を押しのけて前に出るのが大嫌いでした。人と比べて、それよりも前の方に出ようというのがイヤなのです。 偉くなれ、偉くなれと言っても、みんなが偉くなってしまったらどうするんだ、と子供心に思ったものです。」

 「すべてに心がけがわるいのです。なるべく無理をしない、無理をしないとやってきたのです。気に入らぬことがあってもそれに逆らわず、退き退きして生きて来ました。若木だけじゃない。ときには枯れ木も生きているのです。」


 下記のような話は現代日本人にも薬になるなあと思う。
 「川には川にあった生き物が住む。上流には上流の下流には下流の生き物がいる。
 自分の分際を忘れるより、自分の分際を守って生きた方が、世の中によいと私は思うのです。 自分自身を失っては何にもなりません。自分にできないことを世の中にあわせたってどうしようもない。川に落ちて流されるのと同じ事で何にもならない。」

「商売のコツを呑み込んでいく代りに、わたしはどうしたら争いのない生き方ができるだろうという考えにとりつかれていったのかしれません」

「人間誰でも裸で生まれてくるんだから、無一物なんて言葉は当たり前ですよね。
 無尽蔵という言葉は、そんなことあるもんかと思っているので、頼まれても書かないことにしています。」

 「戦争はいやです。・・湯たんぽを抱えて寝ている病人まで引っ張って行ったんですから、まるで気狂いです。人間ばかりじゃない。戦場に連れて行ったって使えないような馬をね、たくさん徴発して集めてあるのを見たこともあります。かわいそうでした。」

「下品な人は下品な絵をかきなさい、馬鹿な人は馬鹿な絵をかきなさい、下手な人は下手な絵をかきなさいとそういっていました。結局、絵などは自分を出して自分を生かすしかないのだと思います。自分にないものを無理に何とかしようとしても、ロクなことにはなりません」


 それから、ぼくは下記の言葉なんて真実があって正直さに眼を丸くした(笑)。

 「絵なんてものは、やっているときは結構難しいが、出来上がったものは大概アホらしい。どんな価値があるのかと思います。しかし人は、その価値を信じようとする。あんなものを信じなければならぬとは、人間はかわいそうなものです。」

「わたしは、わたし自身も仕事もそんなに面白いものではないと思います。わたしの展覧会をしたって、どうっていうことはない。やる人もやる人だし、見る人も見る人だと思います。」


熊谷守一記念館ホームページ
http://www.tsukechi.co.jp/
[PR]
by past_light | 2006-05-27 02:42 | ■Column Past Light | Trackback | Comments(0)
ネコ道に満ちる雨水
 初夏の陽射しの午後から、急転直下、雷雨の夕方になった。

 しばらくしてちょっと外を見るとぽつぽつ降りになっていて、「お、あがったな」と思い、こんな午後は来る人もいなくて、ハラを空かせているかも知れない、といつも会う猫たちに差入れに行ってみた。

 いたいた・・。ずぶ濡れになったやつ。賢くあんまり濡れてないやつ・・。
 ガツガツ食べる猫もいれば、はしゃいで走ってついてくる猫もいる。

 うれしさは感染する。

 一通り、ねこ道を回ると、「誰か来ないかな」と待っていた賢い猫くんがうれしそうに挨拶してよってくる。挨拶と言ってももちろん要求するような鳴き声のことだが、感謝の感情の響きがある程度込められていると思うのも、我田引水な発想ではないとネコ道に来るみんなは思っている。

 帰った途端、それからまた激しい雷雨が再来した。

 夜、歩きに行ったら、雷雨の中を、今日もいつものように通って来ただろうおばちゃんの、置いた餌皿の上に雨の日専用傘が差してある。

 さみしさもうれしさも、そこに、ねこに、あなたが映る。
 それがあなたのやさしさです。

 ・・激しい雨 おばちゃんのずぶ濡れ合羽に怯える猫
 確かめるようにその顔の瞳を覗く ああ やっぱり あなたでしたの・・
[PR]
by past_light | 2006-05-25 02:42 | ■Column Past Light | Trackback | Comments(0)
むずかしいやさしさ
 「この世で一番大切なものはやさしさだ」とカウリスマキは言った。

 加島さんの本の中にD.H.ロレンスのことも出てきて、ロレンスも晩年行き着いたところが「tenderness」だと書いてあった。ロレンスと言えば、「チャタレイ夫人の恋人」あたりは誰でも御存じだと思いますが、西欧文明が「頭」にフォーカスした思考に捕われている危機感に、ロレンスは太陽神経網の復活を考えていたのだと言う。

b0019960_20282276.jpg 日本人はむかし「肚」(はら)意識をよく知っていたはずだともおっしゃる。
 そういえば、「ハラがたつ」、「ハラが座っている」、など、人の様子を表現した言葉は日本語独特なんだろうか。もう返してしまった本から思い出し出しなので、書いていてハラハラする・・とは言わない(笑)。
 ユングはアメリカインディアンのリーダーみたいな人に「おまえたちは頭で考えると言うが、人は胸で考えるものだ」と指摘を受けて、びっくりしたと言うが、ぼくにはこの方がよくわかるような気がした。

 ただし、頭だ、胸だ、肚だ、と実は場所の問題ではないのだろう。バランスできた人間はもともと片寄った思考も反応もしないものなのだろうと思われる。
 肉体健康法的にはハラですね。だいたい巷の話に出てくるのは。宗教的、愛と慈悲には胸、ハート。
 頭はそれでどうなんだと言えば、意志、計画、 統合。統合とはバランスされた関係をも生み出せる意識の具現。つまるところ平等とか平和はそういう人間たちの関係から生まれるのだろう。と考えてみた。

 「やさしさ」とは響きもよいが、ほんとうはむずかしい言葉だ。
 以前映画のキャッチコピーに「強くなくては生きていけない。やさしくなければ生きていく資格がない」とあった。
 そのころは安い言葉だと思ったりしたが、今ではあながちそうとも言えないと思いはじめた。
 この現代世相の世に、「強者」はけっこう生きて簡単に自己アピールしているが、資格のある強き者は果たしてどのくらいいらっしゃることでしょう。

 おっと、誤解のないように付け加えておくと、ぼくのサイトの名前「Tenderness」は、二十代からの付き合いの名前、まったくもって無分別、無思想です。
[PR]
by past_light | 2006-05-23 20:06 | ■Column Past Light | Trackback | Comments(2)
100ドルパソコン
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20091087-3,00.htm
「筐体の色はライムグリーンとイエロー系のコンビネーションで、学校でよく使う鉛筆を連想させる。」
これがいちばんいい
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20100246-2,00.htm
これもきれいなつくり。100ドルで作れるのか心配。
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20087858,00.htm
これは見た目ちよっとかたい。
「100ドルPC」は本当に実現するのか・・」
 「 ・・さらに、この先にはもっと別の障害もある。しかし、革命的なアイデアはどれも難題にぶつかるものだ。そこで必要なのはコンセプトを現実に変える方法を見つけ出すこと。世界の貧しい人々を、ビジネスをめぐる駆け引きや個人的なエゴから、再び落胆させることにでもなれば、なんと恥ずかしいことだろう。 」
http://japan.cnet.com/column/pers/story/0,2000055923,20096977,00.htm

 かりに日本で売られることになっても、たぶん1万円ぐらいにはなるのでしょうか。
[PR]
by past_light | 2006-05-22 20:24 | ■ちょっとミニメモ | Trackback | Comments(4)
タオる若さ
 加島 祥造さんの若さについて、全然説明していないので、どこがどう、、ということは書かないといけないでしょう。・・か?

 加島 祥造さんは東京育ちで、田舎と言うものは無意識にしろなんとなく自分のなかで低く見ていたようだと回想していますが、その自分が縁とかいろいろあって田舎、信州伊那谷に住むようになり、しかも老人といわれるような年齢になってからの独居ということになった。自然に囲まれて「老子」に、タオにどんどん接近していったようです。

 信州伊那谷に住んでいての自然に感嘆しながらの日々も大きいでしょう。
 しかし、本のなかの話を読んでいて思うのは、すごく簡単に言うと、「歳を取らないと」わからないこととか、見えてこないこととか、味わえないこととか、・・つまり、新たに経験し、感じたりすることが、加島 祥造さんにどんどん出てくるからなんだろうと思われる。話の全体に、日々の発見と尽きぬ興味がきらきらと感じられる。
 またそれで、その事象にある普遍性を探究したくなったり、それを周りにも伝えたくなったりする・・。

 まずここがミソみたいなものだと思った。
  加島 祥造さんには、自分のなかの精神、感じ方の、そんな変化に気づいた時に--驚いた--とおっしゃっていることだ。
 驚く、ということは年齢に関係ないけれど、多くの人は歳をとって分別臭くなり、なんでも分かったつもりになっている堅くなった精神・心になってしまっては、自分の中から立ち上がるセンセーションに驚く、というのは、やはりなかなか少ないものかもしれない。
 そういう自分のなかの変化とか反応に、新鮮に驚いたりできるというのが、加島 祥造さんの「若さ」をまず感じられる第一の印象ということです。

 それからこれは、日本人が明治あたり、また敗戦後から西洋化しはじめて、「頭」で生きること、頭思考中心に重点を置きはじめて、現代日本人が、どこかバランスを崩しはじめたことにもつながる、と言うような話もいつか後日つながるかも知れませんが・・。 つづく(笑)。

 (ちょっと訂正・・本の中の言葉に、加島さんの「驚く」という言葉は見直すと少かった。多分ぼくが読んでいて、まるで「驚き」をもって熱心に語る口調から浮かび上がる顔を想像しての、私的に感じたことだろうと思います)
[PR]
by past_light | 2006-05-16 02:14 | ■Column Past Light | Trackback | Comments(0)
タオる
 タオる。
 何となく言ってみたかっただけですが、ときどき老子のタオを思い出します。日々実際はオタオタなんですが、老子は、たとえ表向き君が社会に小突き回されても、君のなかにはびくともしない場所があるんだよ、てなことも言いますから、そういうことは予定調和で忘れないでおきたいもの。
b0019960_18214168.jpg
 ぼくは最初の加島 祥造さん訳の、老子が若々しく喋り、世にもポピュラーになった、きれいな写真も付いた「タオ—ヒア・ナウ」という本が好きでした。★過去記事「いつものアウトサイダー」

 その自称タオイストの加島 祥造さんはもう八十を過ぎているというが、話を採録して自ら添削、まとめての本、「タオにつながる」を借りて読んでみた。
 内容はともかくとしてもだ、加島さん、伝わってくるものがとても若々しい。内容はともかくなんて、あれですけど、言ってみれば、そのいまだ発展途上とでも言ったって失礼じゃないだろう御本人のタオイストとしての、水を得た魚のような饒舌さ、それから柔軟な精神がすごくラフに伝わって来て、八十を過ぎた老体とは、とうてい隔たったイメージが眼前に浮かび上がる。

・・夜も遅いので、続きは明日以降に行こう(笑)。
[PR]
by past_light | 2006-05-15 02:15 | ■Column Past Light | Trackback | Comments(4)
五月の猫2006
b0019960_1413658.jpg

くつろがんといかんよ
b0019960_1415782.jpg

道を渡るときは注意すること
食べ過ぎないこと
あんまり期待し過ぎないこと
でものんびり暮らすこと
ほら 君らと変わらんだろ
b0019960_1414687.jpg

おたがいを信頼するためには長い時間が必要だ
それに値するかどうか ぼくがきめるけどね
[PR]
by past_light | 2006-05-07 01:47 | ■Column Past Light | Trackback | Comments(4)
拝金主義は人類存続とどうやって折り合うか
 なにごともない一日が、けっこう幸せだと気づくのは、たいへんな思いをしないと気づかないので、人類たいへんです。
 ・・というようなことを、昨夜、ふっとブログのお付き合いの方のコメント欄に書いて、われながらひとごとにしちゃいけないなあ、などと改めて思ったりする。

 たとえば歩くことだって、なんらかの事情や年齢的なものでできなくなることもある。そういう人にとっては、歩けるということがいわば奇跡になる。
 ぼくらは、あるいは五体満足でも、日々、あれこれと不満を持つことも多くて、「足りる」というこころで落ち着いた日々を過ごせているだろうか。自らも考えればぞっとしないわけにいかない。

 アスベストによる健康被害で夢半ば亡くなった人の話があった。死の直前の酸素マスクのなかから聞こえる言葉には、「もう一度、ゼロからでもいい、やってみたい」と生きることへの熱望があって、それは聞くものには痛切だった。

 そして、昨夜観たテレビのドキュメンタリーでは、温暖化で海面上昇し、沈みゆくツバルの島の人たちの素朴な生活が映っていた。が、ニューヨークではその温暖化も、世界の二酸化炭素ガス排出量の売買いをビジネスチャンスとしているブローカーがいて、なんとも悪びれもせず、世界の気象状況やツバルの様子を観察して、株同然、売ったり買ったりしているそんな合法的な会社の人々が映る。彼らにはツバルの悲劇の進行状況も、株の値の動きと同じく売買ビジネスの指標らしい。なんと言っても変幻自在な資本主義だ。それでも彼らはきっと勝ち組と言われるのだろう。
 そして中国の炭坑では、生産量を三倍にする至上命令に聞き入る炭坑労働者。彼らにもそれは家族の生活を豊かにする絶好のチャンス。それに夢だった自動車を買えるかも知れない。地球の温暖化については、「先に自分達は腹一杯御馳走を食べておいて、俺たちには貧乏で食うや食わずで我慢しろ、というのは話が通らない」と、当然のように言い切る。

 アメリカも中国も京都議定書への調印を拒否している。理由は違って見えるが、どちらも「儲ける」権利を失いたくないためだ。
 しかし、実はもっと複雑で、日本のある企業は、中国で排出量の権利を買いたいお客だ。日本だけではなくて世界中の先進国とやらから注文が舞い込みつつある。そして中国は排出権売買のビジネスチャンスを迎えているという。
 つまり、いくら京都議定書に調印して一国の排出量を減らしても、調印していない国や、それほどもともと排出量のない工業産業国ではないところから権利を買い取って、排出できるという奇妙なシステムが合法化されているのだ。
 巧妙に入り組んでいて、ぼくなどの頭脳では、どうして排出量というもので私的にビジネスできて儲けられるのか、私的なブレインのネットワークに納まり切れないが、ともかくこれじゃあ、遅かれ早かれツバルは水没することになるのだろうということはシンプルに理解できる。

 映像を観て驚いたのは、すでにツバルの海岸の椰子の木は、倒れて海底に引きずり込まれている。そしてその木は海流に流されて珊瑚を破壊している。タロイモの畑は土から染み出てくる海水の塩害で凶作続きだ。ひとつの家族はいつからか島に伝わったキリスト教を信仰していて、家族と食卓を囲み「どうぞ、わたしたちにどうにもできないような試練は、与えてくださいませんように」と祈る。ツバルの青年は島を捨てて他へ移る予定だ。

 単純なぼくの頭からは、どうみてもガス排出量ビジネスは犯罪にしか見えない。
 しかしまあきっとこれでは、「家のゴミは減らせないので、隣のゴミの排出権を金で買った。文句あるか」というのが合法化できるだろう。
 京都議定書の会議の様子でアメリカの理屈が述べられる。中国の理屈が述べられる。ツバルの代表は「まったく失望した。我が国を見捨てている」と言った。

#(ぼくが観たのは再放送でした。NHKスペシャル同時3点ドキュメント
第4回「煙と金と沈む島」)
「地球を包むひとつの大気。今、世界がその大気をめぐって、まったく異なる立場から利害の綱引きを繰り広げている。

地球温暖化の影響で、世界で初めて消滅すると危惧されている南太平洋の島、ツバル。2月下旬の大潮で、島は史上最大の浸水に襲われた。首都ではいたるところから海水が噴き出し、多くの家が床上浸水した。国が沈むという危機に直面するツバルは、最大の温暖化ガス排出国、アメリカを強く非難し続けてきた。

そのアメリカは、温暖化ガスを規制する京都議定書から脱退しながらも、ガスを排出する権利を売買し、巨額の富を手にしている。ニューヨークのある巨大ブローカーは、650億円の資金をもとに、世界中の温暖化ガスを出す権利を買いあさり、EUや日本の企業に売りつけている。

一方、中国屈指の大工場地帯・重慶では、発展を求めて、温暖化ガスが次々と排出されている。労働者たちは、温暖化防止よりも豊かさを求める権利を主張する。

地球温暖化に直面するツバル。豊かさを求めガスの排出を続ける中国。そして「儲け」という市場原理がなければ温暖化は阻止できないとするアメリカ。ツバルが浸水の危機にさらされた2月21日から3月1日までの9日間の3地点の同時進行の記録である」

http://www.nhk.or.jp/special/onair/060430.html

 ちょうどニュースで、中国の砂漠化から、日本各地にも今年は特に降ってくると言う「黄砂」の話があったけれど、黄砂は大気をすっぽり上空から蓋をしてしまったりして、ますます温度上昇したり、空気汚染にも一役かいそうだと言う。有害物質もこびり着いて飛んでくるらしくて、・・げに人類はたいへんです。
[PR]
by past_light | 2006-05-03 20:48 | ■Column Past Light | Trackback | Comments(2)