2007年 04月 02日 ( 1 )

あいつのせいにしていると 私はあいつに閉じこめられる

あいつのせいにしていると
私はあいつに閉じこめられる

私がだれかを喜ばすとき
幸せなのはこの私

死ぬことはこわくなくなる
安らかに生きていければ

多すぎることばはさわがしい
こころの底の静けさがことばのふるさと

すこやかに生きよう
たとえ苦しみのうちにあっても

追い求めると
楽しみには哀しみしか残らない

幸せを求めているものを傷つけて
幸せになれるだろうか?

自分をはぐくむのは難しい
自分を枯らすのは簡単だ

世界をあのままに見るために
目覚めよう 間違った夢から

#谷川俊太郎「すこやかに おだやかに しなやかに」の、幾つかの詩の部分的な文節を抜粋。
(「ダンマパダ」から訳してつくられているという)
[PR]
by past_light | 2007-04-02 02:30 | ■ちょっとミニメモ | Trackback | Comments(0)

過去と現在、記憶のコラム。関連ありなTBはラヴリー。リンクはフリー。コメントはブラボー。


by Past Light
プロフィールを見る
画像一覧