2005年 02月 17日 ( 1 )

「幻の光」と「ワンダフルライフ」

 「幻の光」と「ワンダフルライフ」は是枝裕和という監督の作品。
 「誰も知らない」でついに一等賞という監督になった。しかしその映画はまだ観ていないので、感想は書けないのが残念。
b0019960_17484185.jpg
 「幻の光」(1995年)は江角マキコの初出演・主演ということ。
 アップの少ない画面。画面のトーンも暗く、テレビの画面だから、さらに表情もよくは伺うことができない。しかし、それがマイナスかと言うと、意外にそんなこともないのだ。抽象的なドラマの雰囲気がより抽象的になって、妙に心に残ろうとでもするかの画面だ。

 多くが遠目のシルエットで静かに語られるスタイル。それがこの映画では印象的に網膜に残るようだ。それは登場人物の心の中がそのまま風景になったような画面ということだ。
 言葉による説明もほとんどされないので、彼らの行動の動機も想像力を要求する。しかし、想像すること、じつはそれを空しく思う。そんな心の情景を嫌と言うほど知っている人、馴染んでしまっている人にとっては、ということかもしれないが。
  説明できない人の心の軌跡を描いていると思えば、ラストに近い主人公の言葉にされた「長い間の問い」も、もしかしたら必要なかったかもしれない。

 音楽が、ウィンダムヒル・レーベルのものかと思ったんだけど、このへんは確かめていない。
b0019960_1748534.jpg
  次の「ワンダフルライフ」はセリフの多さから言えば、比較にならないほど「言葉」を聞くことができる。
 しかし、この映画は映画そのものを場に借りた寓話となっていて、死後の中空の期間をドキュメンタリーのように語りはじめることから、そのアイデアにも身を乗り出してしまった。

 登場する人は、役者さんも含めて、きっとほんとうにあった自分の過去を語っているように思えるような話が多い。だから思い出を語り、探り、確かめるような、その表情が、聴いているぼくらにもナチュラルに楽しいのだ。

  「あなたが、いちばん幸せだった瞬間を思い出して、決めて下さい」
 そうすれば、その瞬間の感情に永遠に住むことができる。
 ということだから、死んだ後の世界の入り口を話にしたとはいえ、ほのぼのと春の光の中でまどろむような雰囲気だ。まるで学芸会の準備をするような感じ。

  テレビ出身の監督という話だったけれど、まるで映画という媒体の特殊さに、のめり込もうと意図したかのように、つよい映画への愛情も感じられる。
 ふたつの作品とも、強引に我のテーマを押しつけようとはすることなく、ドキュメンタリー的な作りを感じるのも、日本映画の中では新鮮だった。
[PR]
by past_light | 2005-02-17 20:06 | ■主に映画の話題 | Trackback(5) | Comments(4)

過去と現在、記憶のコラム。関連ありなTBはラヴリー。リンクはフリー。コメントはブラボー。


by Past Light
プロフィールを見る
画像一覧