裏から廻ってくださいな

 成瀬巳喜男の未見の映画が3本テレビで放映されていたので録画した。
 観ていて、テレビというものの存在がなかった時代、またまだ普及はしていなかった時代ということもあるが、題材は、家族や近い人間関係の中で日常巻き起こるドラマ。丁寧に、とても緻密に描かれているものばかり。
b0019960_18423646.jpg それは小津安二郎も同じ部類だが、小津の映画の多くの場合は、家族間のことに終始し徹底した印象がある。
 成瀬の特色は一方に男女の「愛」に執拗に迫ったものが多いと感じられた。
 その筆頭は「浮雲」だろう。

 成瀬は、「小津はふたりいらない」と松竹を追われた、と本などには書かれている。 小津作品同様、原節子さんもよく出演している。「めし」「山の音」など、これらがいちばん印象的。
 しかし成瀬作品ではなんといっても高峰秀子さん。「浮雲」ほか多くの作品がある。16才ぐらいの出演作「秀子の車掌さん」などのスナップ写真を見ると、こんな可愛い顔、いまの日本で見ることはできない。なんていいたくなるほど。
 杉村春子さんも傍役が多いが出てくると存在感ある人だ。むっつり顔も印象的だが、ニコニコしている顔もすごく味がある。演技の幅広さハイブローな人。

b0019960_18431838.jpg この時代の女優はものすごいプロ意識。
 高峰秀子さんの銀幕での印象と、彼女がインタビューなどに答えている言葉を読んでいると、その印象のギャップにいわば戸惑う。高峰さんは、クールでわりとそっけない。
 「ないですねぇ・・」で始まる受け答えが多い(笑)。

 この度観た三本には、戦後、価値観の激変する時代の農村の家族間の軋轢や、女の自我、自立、自由などが、なんだか今の時代から見てしても、かえって進歩的に見えたり、恋愛にしても結構大胆、その先鋭的なこと。なんとも新鮮でもあり、意外に驚くほど。

 古い価値観がどんどんと新しい世代の新しい価値観に追いやられていく。価値観の大きな変動期、その中で日本の老いたる人と若い人が、どんなふうに対立したり和解したりしていたかがとても興味深くて面白い。それから日本家屋って、けっこうなエロティシズムがあるんですよね。
b0019960_2014499.jpg

「裏から廻ってくださいな」

[PR]
トラックバックURL : http://past.exblog.jp/tb/8652193
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by falanx at 2008-05-25 10:56 x
以前、僕の個人的趣味で日本映画女優NO.1は山田五十鈴でした。彼女のどこがいいのか? やっぱり個人的趣味なんですが、もし仮にNO.1女優として他の女優の名前を上げると、なんか山田五十鈴の「これだから女優ってものを理解していない唐変木には困るんだよ」と叱責めいたボヤキが聞こえてきそうな気がして(笑)。

でも高峰秀子にはグラッときてしまった。僕のNO.1女優は高峰秀子かも。
才女です。頭よさそ〜。それもただの頭脳明晰じゃなくて、芸人として勘所を小憎らしいほど理解してる。それは山田五十鈴も同様だと思うんですが、ふたりともたぶんセリフやら演出やらすぐに呑み込めてしまえて、いざ撮影現場ではスタッフを威圧させるようなオーラを放ってカメラの前にいたような気がする。そんな僕の想像です(実際はどうかよく知らない)。
僕が好きなのは成瀬作品では、「女が階段を上がる時」。高峰秀子のバーのマダム役。良かったなぁ〜。
Commented by ナカムラ ユエ at 2008-05-25 14:33 x
こんにちは。
わたしも高峰秀子さん大好きです。
「浮雲」では、まさに女! という弱さとしたたかさを内包した美を表現されていて、で一発ノックアウトされました。
ちょっとしゃがれた感じの声も、人形かと思うほどのスレンダーなからだにも、もうクラクラです。
Commented by past_light at 2008-05-25 20:53
falanxさん
山田五十鈴さん、先日黒澤の「用心棒」を観ていたら、すごく女郎屋の女将の嫌らしさを滲みだして、うまいなあと感心しました。

杉村春子さんも、プロ根性がすごい言葉を残していますね。
監督のダニエル・シュミットが会ったときの記事を書いていて、「女優」が滲み出ていました。

高峰秀子さんは、とにかく文句なしに可愛いです。
それで充分ぐらいだけど、うまいです。
ともかくなにせ、独特な声で喉を撫でられて心中したくなります(笑)。
Commented by past_light at 2008-05-25 20:57
ナカムラ ユエ さん、
ナカムラ ユエ さんも高峰さんがお好きでしたか。
「浮雲」、先日読んだ本のインタビュー記事にありましたが、「浮雲」の撮影に際してはそうとう減量したということらしいですね。
戦後間もない時期にふっくらしていてはまずい、ということらしいです。(笑)
それで、高峰秀子さん自身が言っていましたが、文字どおり、撮影中には「クラクラ」していたそうですよ。(笑)
by past_light | 2008-05-24 20:15 | ■主に映画の話題 | Trackback | Comments(4)

過去と現在、記憶のコラム。関連ありなTBはラヴリー。リンクはフリー。コメントはブラボー。


by Past Light
プロフィールを見る
画像一覧