ブログトップ
オリバー・ツイストとポランスキー
 過去にも映画化されているが、ポランスキーがなぜ自らの一本に選んだのか、観るまでは不思議な思いだったけれど、観終ってなるほどの必然性を感じた。

 しかも、この映画は「戦場のピアニスト」の後、同じスタッフで挑まれている。
ロンドンの素晴らしく再現されたクラシックな街の陰影の映像を観てもそれは納得できるが、むしろたぶん、「オリバー・ツイスト 」のディケンズ原作にあるだろう込められた思いが、きっとポランスキーを捕らえたまま、以前より映画化をあたためていたのではないかと思われるものだった。
 過酷な運命に翻弄されてなお、生き延びる、その偶然と境のつかない幸運、そして生き残ったもの、死んでいく者の不条理。

 五木寛之さんのエッセイの中に、戦後、外地から日本へたどり着くまでに味わった少年の目に刻み込まれた、生き残った者と死んでいった者との、ある説明できない明暗の対比。それは---生き残った者は、どこかで死んでいった人を見捨て、ある場合はその死をさえ利用しなければならなかったような体験---の痛切な記憶に繋がるようなおなじ傷を、ナチ占領下のユダヤ人居住区の暮しを体験しているポランスキーも内面に刻み込んでいるという想像も間違いとは言えないだろう。
b0019960_18573036.jpg
 ただ従順であり無力である少年。粗暴な悪意にも羊のように縄をかけられて翻弄されるオリバーが、「どうか盗みをさせないでください」と懇願するほか、わずかな抵抗も見せない姿は、波乱万丈、立身出世の強さを身に付けていく主人公としてのヒロイズムなどとは、まるで到底隔たった存在だろう。
 むしろ善意の助け人の紳士が、「あの子になにかを感じたかい」と家政婦にも聞かずにはいられなかったものはなにか、と思いを巡らさなくてはいけないだろう。

 そして物語「オリバー・ツイスト」の普遍性とはなにか。
 それはその物語の終りにある、いくつもの鍵で厳重に囚われた絞首刑を待つ老人フェイギンとの面会、再会のエピソードに、物語の言いがたき深い思いが染み込んでいるようなシーンに、名作としての理由が、およそ八割方あるのではないかとすら思う。

 老後をひたすら心配して盗んだ財宝を溜め込んでいた老人フェイギン。
 「覚えているか、あれはお前にやる」と言う。
 絞首刑を前にして錯乱していく精神が痛々しい。

 以前フェイギンは、銃で撃たれたときのオリバーの傷の痛む腕に、「そんな痛みに効く、先祖代々から使って来た薬がある」とオリバーの腕に薬を擦り込んでやるエピソードがある。オリバーは、その「悪党」に「親切にしてくれた」と涙を流す。
 思いだすのは、その薬がどのくらい昔から受け継がれて来たか、フェイギンが独り言を続ける場面だった。
 「そうどのくらいだって、どのくらいかわからないほどさ・・」。
 「善」とは、しかし確かにどれくらい昔からかわからないが存在する。フェイギンにも。

 「絞首刑になる私を乗り越えていくんだ」

 オリバーは跪いて、フェイギンに「どうか許してください、一緒に祈ってください」と泣く。

 幸運に生き延びる者、罰せられて死にゆく者、我々は薄い運命の一枚で隣りあった羊たちだ。

〔製作・監督〕ロマン・ポランスキー
〔原作〕チャールズ・ディケンズ
〔脚本〕ロナルド・ハーウッド
〔撮影〕パヴェウ・エデルマン
〔音楽〕レイチェル・ポートマン
〔出演〕バーニー・クラーク、ベン・キングズレー、ジェイミー・フォアマン 
(2005年・フランス/イギリス/チェコ)
[PR]
by past_light | 2008-04-28 21:34 | ■主に映画の話題 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://past.exblog.jp/tb/8490525
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by falanx at 2008-04-29 12:22 x
この映画、つい最近NHKの衛星で放送されてませんでしたか?
たぶんあの映画だと思う。
ロマン・ポランスキーというと、僕にとっては「ローズマリーの赤ちゃん」前後から「テス」あたりまでになってしまう。お年寄りなので(笑)。
ポランスキーの名前を聞いて、三面記事的にシャロン・テートの殺害事件を連想してしまったり、といっても昔はインターネットもなかった時代だから、田舎で10代だった僕にはやっぱり遠い世界の出来事だった。
シャロン・テートは映画「哀愁の花びら」とかよく憶えている(たぶんいま観たらがっかりさせられてしまう映画のような気もするが)。
映画「ジョアンナ」に主演していたジュヌヴィエーヴ・ウエイトとか、僕にとっては懐かしい女優さんのひとりです。
オリバー・ツイストのロンドンはちょうど幕末の江戸とおなじ時期だと思う。世界で人口が100万くらいあった2大都市。僕にはロンドンより江戸の方が文化程度は高かったように思える。
大河ドラマ「篤姫」のファンで、またも心ならずもNHKの手先になってしまったfalanxでした(笑)。
Commented by past_light at 2008-04-30 20:27 x
ぼくはやはり「テス」がいちばん好きでしょうか。
しかしポランスキーは、クラシックな時代を撮るのがうまいと思いました。
「テス」もそうでしたが、その映像はずいぶん美しいと感じます。

お江戸でござる、日向子さんがなつかしいですね。