ユーモアは人生にひそむ天使の透かしである

大江: 僕の家内は、僕の友だちの伊丹十三の妹でしたが、僕が彼女と結婚したのはね、伊丹君は天才的な男ですが、実社会ではうまく生きていけないだろうと、妹は代りに僕が引き受けてやろうと、ゴーマンなことを高校生が考えたわけですね。

小澤: ああ・・・。

大江: 実際にはいろいろあって、やっと結婚してもらったんですが、結婚してから一年半くらいは僕の話は八割り方分からなかったそうです。

小澤: ・・・(笑)

大江: こちらは、なにか謎を秘めたような感じの彼女の対応を、美しいと思ってたんですが。

小澤: アッハハハ。

大江: そういう幸福な誤解ってあるもんですね(笑)。

引用は「同じ年に生まれて」 小澤征爾・大江健三郎
[PR]
トラックバックURL : http://past.exblog.jp/tb/7804115
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by のら at 2007-12-09 23:39 x
幸福な誤解ねぇ。

わたしも結婚する前、カミさんはカヨワイ女性だと思いこんでましたが・・。
そうとう誤解してました(笑)
Commented by Past Light at 2007-12-10 19:19 x
のらさん、こんばんは。

それで、その誤解は幸福の元になってましたか(笑)。
女性は生活に関しては男よりプロだと思いますね。
末永い誤解でごちそうさま(笑)。
by past_light | 2007-12-09 21:15 | ■ちょっとミニメモ | Trackback | Comments(2)

過去と現在、記憶のコラム。関連ありなTBはラヴリー。リンクはフリー。コメントはブラボー。


by Past Light
プロフィールを見る
画像一覧