夢と日常を和解させる淀川少年〜淀川長治物語

 スクリーンのなかに箱庭のように浮かび上がる明治から大正にかけての神戸は、夢のような華麗な風景、映画に魅了されていく淀川長治少年の楽園のようでもある。
b0019960_02554157.jpg 亡くなるまで何年もおつき合いがあっただろう大林監督の淀川さんへの敬愛が、小中学生までの長治少年役の子役さんによって託され、じわり伝わってくる。
 この子役さんの天才的な表現力はなんという素晴らしさだろう。
 「野ゆき山ゆき海辺ゆき」の林泰文くんが登場した時も素晴らしかったが、長治少年を演じる子役はさらに凄い。

 忘れられないシーン、お礼に貰った活動写真の1等席チケット2枚。友だちと観るために映画館の入り口で待つが、来た友だちは「淀川君から貰ったお弁当を食べた時から、なんだか落ち着かないんだ(この友人はいつもお弁当はおイモだったのである)、淀川君と対等で居たいから断わりに来たんだ」と言う。
 その時に「ほら、2枚もらったんよ」と自分の胸にチケットを差し出す時の長治少年が、そのまま淀川さんのしぐさ、あの女性的ともいえるスマートでダンディな身ぶり、モーションにまさにそっくり、ぼくは眼を見はり胸が熱くなった。

 活動写真と現実の間にある壁を超えた、いわば夢と日常を和解させ、歩み寄らせようとするかのような淀川長治少年は、スクリーンと観客席を軽々と行き来して、人生の最初に関わってくれた愛すべき、懐かしい登場人物たちと、かけがえのない時間を過ごす。

 もともと裕福きわまりない暮しから、逃れられない時代の変化にも翻弄され没落していく淀川家を、長治少年の姉が「最初からなに不自由なく持っていた者は、失していくのが楽しみ、宿命なんよ」と言う。

 市川森一さんとの共同脚本。よくこなれた語りと台詞もふたりが力を注いだということが伝わってくる。
 こういう映画話法、軽快さと深さを同時に滲み出す映画作家は、やっぱりめずらしいと思った。

淀川少年--淀川長治物語~神戸編~サイナラ」

(テレビ朝日で淀川長治さんの一周忌特別番組である、大林監督の「淀川長治物語~神戸編~サイナラ」の当時の感想より)
[PR]
トラックバックURL : http://past.exblog.jp/tb/7364283
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by past_light | 2007-08-29 01:08 | ■主に映画の話題 | Trackback | Comments(0)

過去と現在、記憶のコラム。関連ありなTBはラヴリー。リンクはフリー。コメントはブラボー。


by Past Light
プロフィールを見る
画像一覧