ベルイマン、その名の響き

 イングマル・ベルイマンが亡くなった。

 なんだか亡くなった人の冥福ばかりを続けて言わなくなてならないが、そうは言おうと、自分が関心があった人のことだけを上げているわけだ。世の中では毎日、世界中で人は死んだり生まれたりしている。

 小田実さんも、ちょうど自民党大敗が進行の夜に亡くなったそうだ。
 あの強面、鋭い目で、体制をにらみつけていた、椅子に座った、少し猫背の大きなシルエットの姿がとても印象的だった。
 この人はいわば日本人ばなれした迫力を持った平和活動家でもあり、こんな人は、もうなかなか出てこないんじゃないかと誰しも思うのではないか。
 御冥福をお祈りします。

 ベルイマンは、ぼくが二十代のはじめにシビレた映画監督で、題材には背景にカトリック的な精神風景があるので、そういう縁がないともう一つ入っていけないのではと思われそうだが、映画として見事に引き込まれる魅力のかたまりだった。カトリックで思い出した極めつけは「冬の光」という映画で、主人公の牧師さんがなんでこれほど苦悩するのかぁ・・・というものだが、話よりも、日本人であり青年であったその時のぼくの内部とのギャップが衝撃的だったのかもしれない。

 スゥェーデン、北欧の街の陽射しを感じさせないその映画での空気が、憧れのような意味で、それも魅力だった。映画の内容におけるシリアス、緊張感そのものが、ふやけた脳髄に冷気を吹き込んでくれるような映画体験をそのころは感じたものだ。けして難解という感じではなく、むしろその抽象性のほうがぼくは好きだったかもしれない。
b0019960_03070769.jpg 「ペルソナ」というモノクロ映画を最初観たのだったと思う。
 今でももう一度観たいと思いながら果たせていないのだが、この陰影の強い映像と女優たちの不可解にすら突き進む、おそろしいほどの苦悩、悪意、矛盾、愛憎とのぶつかり合いなどは、後にして思えば、ウディ・アレンは絶対真似してはいけないんじゃないかと思うものだった。

 「野いちご」は、老人の名誉の授賞式に向かう車中がいろいろと内容濃いものの詰まりものだった。キリコの街のような夢のエピソードがこわくて楽しい。フロイト的でもあるイメージも満載だ。
 ベルイマンが、まだ若いときなのに、こんなひとりの老人の精神風景をリアルに描くということに誰しも驚いただろう。ぼくは半年ほど前にひさしぶりにビデオで見直してみたら、まさにそのとおり、どうしてこれほど切実感があるのだろう・・と数十年の時の流れも自らの精神の中に見つけたものである。ああ、まだまだぼくは老人じゃないですが、念のため(笑)。

 この映画でも印象的な、息子夫婦の関係における夫婦、結婚における意地悪で悪意にも感じられるかもしれないほどの、男女の内部の真実をえぐりにえぐりつつも、なぜかどこか普遍性を求めているとしか思えない愛への固執が、ベルイマンの、きっと神への問いかけとも通じるのかもしれない。
 ご冥福をお祈りします。

 追記>ミケランジェロ・アントニオーニ監督も続いて亡くなりましたね。
アントニオーニ監督の作品はたくさんは観ていませんが、登場人物の後ろにはつねに、こわい異星のような空虚が背景に広がっていました。
アントニオーニ監督の作品の過去ログの感想はこちらにあります
 ご冥福をお祈りします。
[PR]
トラックバックURL : http://past.exblog.jp/tb/7217362
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ふぁらんくす at 2007-08-01 01:39 x
ベルイマンと小田実、それに個人的にはプロレスラーのカールゴッチも(笑)、きょうは新聞の物故者の記事に感慨深いものがあった。

読売新聞には5月に撮影された病床の小田実の写真が載っている。
傍らに微笑んでいる奥さんがいて、別人のように痩せ細ってしまった小田実だが、眼光は鋭い。でも死を覚悟した人間の姿ではあったと思う。
「もう3か月もたんかもしれんけど、あと2年は欲しい」
その時の小田実の言葉だ。

ベルイマンの映画が猛烈に観たくなった(笑)。
そんなにベルイマンの映画を観ているわけではないが、とうぜん大好きな映画監督だ。
よく僕の印象に残っているのは、「野いちご」と「第七の封印」か。
ベルイマンの映画は観念的で抽象的で、時にシュールでもあるが、テーマは人間の日常の深奥にある精神世界(死・老い・孤独・不信etc)を暗示しているものがほとんどだと思う。だから映画はある境を越えたところで、観客にとって充分過ぎるくらいに普遍的で解りやすくつくられていると、僕は思う。
「第七の封印」のワン・シーンのように、僕らの人生は死神とチェスをしているようなものか。
人間はいつかは死ぬ。あたりまえ。僕にとっては、そういう1日だった。
Commented by past_light at 2007-08-01 02:32
フェリーニが亡くなった時はすごくさみしい感じでした。
たぶんベルイマンやアントニオーニは年齢的にも大往生の部類ですからでしょうか、それとベルイマンはやはり若い頃に夢中になってのこともあるでしょう。フェリーニは三人のなかでは親近感がもっとも強い人でしたせいでさみしかったんだろうと思いますね。
これは運命的にしょうがないですが、歳を召されて来た好きな作家さんがどんどんいなくなるのはちよッとこわい気がしますね。
しかし心配してチェスしている間にどんどん自分の番も近づいて来るのかなあ(笑)。

その頃ベルイマンの映画のイラストを勝手に描いたものが三枚ほどあります。
ものすごく稚拙なイラストだけど、その内にのっけようかな。

by past_light | 2007-07-31 03:11 | ■主に映画の話題 | Trackback | Comments(2)

過去と現在、記憶のコラム。関連ありなTBはラヴリー。リンクはフリー。コメントはブラボー。


by Past Light
プロフィールを見る
画像一覧