ブログトップ
日本人という病
 特に芸術家の話などを読んでいると、「日本」「日本人」である自分というものに、外から、内から、と誠実に向き合っているところを感じ、世に言われる「日本、日本人」などといったアイディンティティの浅薄さを思ってしまう。
 それは政治家なんかがよく説教、押し付けがましく言うものとまったくちがうものだ。むしろそれは、内省であり、良きと悪しきを冷静平等に我の内に見つけ、逃れがたい部類のその国に生まれての身元検証、とでも感じさせるものだ。
 また心理学者の河合隼雄さんなども、その著作の「日本人という病」というタイトルが示すとおり、外の国においての学習、滞在期間の中から浮かび上がってくる自らの中の日本人を、バランス感覚のある観察でえぐり出して語っているように感じた。
 自ら聴衆に、「・・それで私の病は何だろうと思いましたら、日本人という病、だと思いまして」と言われている。
b0019960_181912.jpg
 先日の政治家、財団などの「自殺」による「けじめ」、また日本で独特な「ともあれ、侍だった」という一部の人の感想も含めて、きっと西欧では実に理解しがたいものだろう。死者にむち打つ必要はない。だがなぜ美化するような発言が必要か、理解しにくい。

 思い出すに映画「戦場のメリークリスマス」のなかでの、将校ヨノイ、ハラ軍曹、そして西欧人であるロレンスとの、あのなんともいいがたい壁、断絶と接近と、合いまみえることのない価値観。しかし、そしてその先にある人としての親近感、愛、その不思議さをやはり思い浮かべずにはいられない。

・追記(映画の中のたとえば思い出す会話がある。「ロレンス、なぜ捕虜という恥に平気でいられる。お前が腹を切ったら、俺はお前をもっと好きになるのに」とハラ軍曹が言うと、ロレンスは「我々は、恥だとは思わないよ」と言う。)

 #プロパを変更するので、一週間ほど接続がダイヤルアップになりそうだ。それであまり長時間つなげられないと思うので、ここもお留守になりがちです。よろしくお願いします(笑)。
[PR]
by past_light | 2007-05-31 20:37 | ■Column Past Light | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://past.exblog.jp/tb/6923089
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。