劇場型病理

 藤原智美という人のブログみたいなサイトがあったので、覗いてみた。
 そこにパトリス・ルコントの「仕立屋の恋」の、雑誌に掲載されたらしいレビュー記事があって、読んでみた。

 レビューの最後の方に

 『イールが恋人に殺人犯の汚名をきせられるラストシーンの「君を恨んではいない。ただせつないだけだ」というセリフが、ひどく哀れでグッと胸がつまった。』

 とあって、そうでした、そうでした・・。と共感して読んでいたら、次に、

 『「場内が明るくなり帰る段になって、後ろの席から若い女の声が聞こえた。「ヤーだ、あのハゲ(イール役のミシェル・ブラン)、夢に見そう」 唖然とした。そして近頃の若い女の感性というのは、みんなそうしたものなのだろうかとおもった。だとすれば、それこそ病気ではないか。まったく「病」というのは、どこにでもあるものだ。現代病理学のネタはつきない。』(http://www.fujiwara-t.net/mv001.html)

 とあって、これもぼくもまったく同じような経験があって思い出した。
b0019960_14215320.jpg
 二十歳ぐらいの時に、かの有名なヴィヴィアン・リーとマーロン・ブランド主演の「欲望という名の電車」の上映が終り、感動に震えながら劇場の階段を、場を共有した集団と降りていたときに、一人の女の声が聴こえた。「な〜にぃ、あの、キチガイ女ぁ」。ぼくもこれには唖然とした。

 「近頃の若い女」というわけでもないと教えたくなった。

 映画のなかのビビアン・リーの演じた哀しさ痛々しさは胸に迫る力があった。ぼくが感動に打ち震えたのは、ラストに近いシーンでの、映画の主題が凝縮されたような彼女のセリフだった。

 病院からの迎えが来て彼女を力づくで連行しようとする。そういった粗暴さをなによりもっとも怖れる彼女は必死に抵抗する。が、後に控えていた一人の男が歩み寄り、無理矢理連行しようとする男達を制止し、紳士的に彼女に接する。彼女は涙にぬれた眼を拭いながら、紳士の差出した腕につかまる。・・・

 「わたしは、人の親切だけを頼りに生きて来ましたの」

 さてさて、確かにだ。人間の社会の病理とはいったいなんだろう。
[PR]
トラックバックURL : http://past.exblog.jp/tb/6119612
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by past_light | 2006-11-30 02:47 | ■主に映画の話題 | Trackback | Comments(0)

過去と現在、記憶のコラム。関連ありなTBはラヴリー。リンクはフリー。コメントはブラボー。


by Past Light
プロフィールを見る
画像一覧