「寝ずの番」下品という品格

 何の幸運か、もらったチケットで映画「寝ずの番」を観る。実はあまり銀座とか新宿とかまで出かけて観る気が起きなかったのが最初は事実。だけどネットで調べたら今日から近くの街で上映が始まるので、これ幸いと自転車で夫婦で観に行く。最近アメリカ映画の予告編の大音響と目の回るカット割りのジェットコースター体験がすごく苦手。日頃の眼の疲労からか、たまに見るとホントに眼が回りそうだ(笑)。

b0019960_19145458.jpg 日本は割と「性」を隠された儀式、暮しの影の部分として、表立てず奥ゆかしいのが美徳だった時期が長いように思うけれど、それは江戸時代とかきっと違ったんだろう。
 各国、宗教などの影響とかも大きいのだろうが、反対に現代ではネガティブな過激な現れ方もしてしまう、これがリビドーという由縁なのだろうか。
 で、日本で今はどうかと言うと、かなりなんとなしにアメリカに似ている気がする。毎日うんざりするほど来る迷惑メールは、似たり寄ったりの「性」の安売り詐欺メールだ。これらのメールの文章のなかのコトバに現れている直接的な表現と、映画「寝ずの番」における、芸者遊びらしき(そんな遊びがしてみたくてもそういう世界に住めなかった)歌の掛け合いに現れる直接的な表現とはなぜこうも違うんだ老化・・という、こむずかしいことも考えてみたいけれど、時間がかかるので、とりあえず端折る。とりあえず、ドライとウエット、冷酷と人情ぐらいには違いそうだ。

 それから今はどうか知らないが、ニ、三十年前に読んだ本では、インドで列車に乗っていると、車窓から見える田園の景色のなかに、農作業の途上と思しき夫婦の白昼堂々たる性の営みが見えることがよくあったと言う。
 また反対にトルコの映画で「路」という映画では、夫婦が電車内のトイレだったか、やむにやまれぬ営みを乗客に目撃され、袋だたきにあうシーンなどもあった。

 性の営みなしにぼくもあなたも現世に存在しないのに、なんでぼくら恥ずかしいんだろ。
 ぼくらは恥ずかしいことから生まれて来たんですか?

 それからこの映画には、「死」に対しての非常に積極的、楽天的な態度というものが感じられて好感持てる。これがもうひとつのこの映画の持つ魅力だけど、「性」と「死」はセットとして語られることがゲージツでは常識だ。これも考え出すと長くなるので端折りたい。(汗)

 死後硬直をしているだろう師匠の死体と弟子たちの肩を組んでの「死人のカンカン踊り」を観ていて、つげ義春の同じシーンのまんがのひとコマを思い出した。
 こういうシーン、なぜかぼくは好きだ。・・死は生のなかにあって存在を主張する。もっと馴染むべきものなのかも知れない。

 映画「寝ずの番」は、長年役者としての経験が伊達ではないマキノ雅彦監督の愛情が各所に感じられて、それはとくに各出演者たちの魅力を引き出していて、さすがに自ら役者さんならではの愛情あふれる映画作法。ドラマとしてはテレビサイズだが、たぶんテレビでは放映できないのは挑戦的だ。R15指定というのがすでに笑いがとれる。心配ない、観客席は半世紀を行ったり来たりの人脈だ。
 映画の正攻法の楽しさ。ぼくも子供の頃に父親につれられて観た、森繁さんの「社長シリーズ」の懐かしさなどもあった。

 映画の発端とも言える、死に逝く落語家師匠に、スカートをめくって「おそそ」を魅せる木村佳乃のシーンに、けっこう感動したワタシは現世を半世紀過ぎました。
 下品という文化の伝統の、気高き貴い意味がここにある。

・上映中「寝ずの番」site  http://nezunoban.cocolog-nifty.com/main/

・過去コラム記事★リンク「いつもの天使」-原作者・中島らも-について
♯辞書より・・libido(ラテン) リビドー 〔欲望の意〕フロイトの用語。
精神分析で、人間に生得的に備わっている衝動の原動力となる本能エネルギー。
フロイトは性本能としたが、ユングでは、すべての行動の根底にある心的エネルギーを広くいう語。

[PR]
トラックバックURL : http://past.exblog.jp/tb/4521334
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ☆★☆風景写真blog☆.. at 2006-04-30 14:21
タイトル : 『寝ずの番』を観て来ました!
『寝ずの番』鑑賞レビュー! 師匠、何か心残りはありませんか? 最期に、これはやっておきたかったという ことはありませんか? そ、そ○が見たい… ?!  ??  ┐(´ー`)┌ 果たして“そ○”とは? 一体何のことなのか?! 沖縄では“ほーみー”(≧_≦) 製作年▶2005年 製作国▶日本 公開日▶2006年4月8日 シネスイッチ銀座他全国ロードショー 上映時間▶110min(1時間50分) ビスタサイズ/DTS/R...... more
Commented by ナカムラ ユエ at 2006-05-02 21:59 x
「寝ずの番」。私も気になっていました。広告に使われている踊り、それが「死体のカンカン踊り」というのでしょうか、そのときの俳優たちの表情が印象に残って。今度、観てみようかしら。

それにしても、ご夫婦で自転車にまたがって映画を観に行かれるとは。とても素敵な初夏の風景で、羨ましい限りです。
Commented by past_light at 2006-05-03 02:15
ナカムラ ユエさん、こんばんは。
「死体のカンカン踊り」は正確には「死人(しびと)のカンカン踊り」といいました。
つげ義春の漫画では、死んだ振りした男がさんざん弄ばれるといいう設定でしたが、日本らしいユニークなものですね。
落語にあるそうですが、たぶん江戸時代にはありそうな話です。
妖怪やら、思うとダークな世界観にもかなりユニーク、ユーモアある伝統がありますからね、昔の日本は。

>ご夫婦で自転車にまたがって・・
(笑)、、これも正確には時間差があって、ぼくは後から行きました。自転車は偽りなき事実ですが・・(笑)。当日その前にはケンカもしておりました。それから、当日はいかにも雨がふらないかという・・うっ。
す、すみません、イメージを台なしにしてしまいまして・・(^^;)
Commented by コウ at 2006-07-06 19:52 x
読んでは書き込んでの「コウ」です。以前からpastサンのご説明は分かりやすく、全体的な視点から書かれていますので、すごいバランス感覚だと感じます。

よく「下ネタ」なんていいますが、下のお話は場末のスナックや居酒屋に行くと「君ら全員親戚か?」というくらい同じ会話で終始しています。シモというものは基本的に「秘め事」だけに、「心」の代名詞と言っても良いと思うんです。ですのでそれをベースにユーモアに絡めたりポップな表現をしたりと、気分が高揚しその人を根こそぎ「陶酔感」を与えることが出来る人は素晴らしいのです。映画や音楽、絵画、造形物etc・・・の表現媒体はいってみれば素晴らしい「下ネタ」ですよね!!下品にもなれば奥ゆかしい高尚なものにもなります。紙一重ですよネ!

宣彦氏は間違いなく高尚な「下ネタの巨匠」でございます!!(笑)
Commented by past_light at 2006-07-07 01:12
コウ さん、わかりやすいといわれるのが一番うれしいんですが、ときどき、オートマテックにキーボードを打ちたくなるので、あんまりほめないで下さい(笑)。

「下ネタ」が関係をときほどくユーモアであれば上質なわけですね。
おっしゃるとおり、大林さんは紛れなく「愛の死もネタ」な神々しいマニアです(笑)。
by past_light | 2006-04-30 03:30 | ■主に映画の話題 | Trackback(1) | Comments(4)

過去と現在、記憶のコラム。関連ありなTBはラヴリー。リンクはフリー。コメントはブラボー。


by Past Light
プロフィールを見る
画像一覧