ブログトップ
まだこれから
お正月にふさわしいのかどうかは自信がない
自信はないけどね、やけにキュートですごい。たのしい。おかしいか。
今年もまだこれからですからね。
---------------------------------------

六畳間のこたつで本を読んでいて
ふと見ると隣に「今年」が座っている
おやもう来たのかいと言うと
黙ってうなずくその顔が青白い

元気ないねどうしたんだと問うと
まだこれからですからと答える
すると部屋の隅で高笑いする奴がいる
なんだ「去年」じゃないか

やけにいい機嫌だなと言えば
こっちはもうすみましたからだと
そうは問屋がおろすまいと思うけれど
過去は未来より住み心地がいいんだろう

どっちにしろ二人とも「一年」の家系だ
双子みたいにそっくりだから
ムカムカしてわたしは叫んだ
お前ら出てけ「永遠」の胎内で迷子になれ !

詩集「シャガールと木の葉」著者・谷川俊太郎 より「まだこれから」


双子みたいにそっくりなのは、ムカムカもするし、あるいはホッとするという場合もあるのでしょうか。
[PR]
by past_light | 2006-01-06 02:29 | ■ちょっとミニメモ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://past.exblog.jp/tb/3995885
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。