ブログトップ
あなたもわたしもフェリーニが好き
 「道」のジュリエッタ・マシーナについて・・ 
 「すばらしい女優だ、少女の、無垢な感受性、いわゆる萌芽期の感受性をもっています」 (バルテュス・画家)

 「君だって、きっと誰かの役に立っている。世の中に無駄なものなんて一つもないさ。
この小石だって役に立っている。なにかは分からないけど何かの役に立っているんだ」


 「孤独がこんなに残酷に、逃げ回っても追っかけて私を掴んで放さなかった映画。そのくせ、なんという暖かさ。・・・私はまったく見とれた。初めてのこのフェリーニにとまどいさえした」 (「道」について、淀川長治)

                  ■

★「道」について、ネットのいろんな賛辞
「よく、亭主関白だった男の人が、歳とって奥さんを亡くすと急に弱るって言いますよね。
そういう男と女の本質みたいなものを、よく表現していると感じました。」

「粗暴の果てにみた孤独。無私に殉じた末の破滅と充足。悲しいという言葉だけでは失礼なくらいに綺麗な交差だと思います。」

「図書館の視聴覚コーナーに持ち込んで観たのですが、人目も憚らず、涙の垂れ流し。」

「---ひじょうに複雑なものを単純なかたちにするのが芸術だ---というジャンコクトーの言葉ぴったりだと思います。」

「これ以上に素晴らしい映画が何処にあるのよ?史上最高傑作でしょ?「11点」ってのはないの?」
「道」 (みんなのReviewより)

                  ■

★フェリーニへの創作家たちの賛辞

 「フェリーニは自分の映画のためにおこなったことを私たちのためにもおこなうことのできる人だった。
つまり自分の映画を不滅の存在にすることで、私たちの存在を永遠不滅のものにしてくれたのだ」(ミロス・フォアマン)。

 「彼の映画は喜劇的精神に貫かれ、途方もない才能で作り上げられている」(ウッディ・アレン)。

 「フェデリコはバルザックのごとく内なる炎をもった人である」(バルテュス.画家)
 
 「フェリーニは映画における真の野獣である」(ルキノ・ヴィスコンティ)。

 「この世界はハイデガーを忘れ、カフカを歪め、現代芸術最後の巨人であるフェリーニを軽んじている」(ミラン・クンデラ)。

 「私たちはみんなフェリーニのようになりたいと夢みていたが、フェリーニは唯一無二の人であり、誰も彼のようにはなれなかった」(ルイ・マル)。

「フェリーニの出現とともに距離の映画は接近の映画へと逆転した」(イタロ・カルヴィーノ)。

 「ぼくはフェリーニが好きだ。それは彼が映画を作っていると同時に、自分だけの独自の世界を創造しているからだ」(スパイク・リー)。

 「フェリーニの映画の何本かは十回も見た」(イングマル・ベルイマン)。

 「フェリーニの映画は子供の打ち明け話のように幻想的で、そのスタイルは映画の登場人物のまわりに巨大なカオスを作りあげる」(ジム・ジャームッシュ)。
                    ★

 「すべてのものは何かの役に立っている.この小石だってそうだ。
この小石の存在が無意味だと言うのなら,すべてが無意味だ」(映画「道」より)
                ・・・・・・・・・
 ◆いつになってもつくれないフェリーニ特集。
 数カ月前何本かを再び観直した。
 もう、ぼくはフェリーニがいかに好きかを確認する時間だった。
 やっぱり「8.1/2」はすごかった。「甘い生活」は見応えがあった。「女の都」は楽しいやらうれしいやら・・。
 いつかかならず特集するぞ。修行するぞ。
[PR]
by past_light | 2005-11-27 03:23 | ■主に映画の話題 | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : http://past.exblog.jp/tb/3828244
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 万歳!映画パラダイス〜京.. at 2005-12-15 23:22
タイトル : イタリア映画へのオマージュ
 イタリア・フィレンツェ郊外に住む妻の友人(愛称ジュンベイ)から、メールが来ました。このブログを見てくれているという。それもあって、イタリア映画への愛を少し語ってみることにしました。  僕にとって一番、同時代感を感じ、親近感があるのはフェデリコ・フェリー....... more
Commented by anna at 2005-12-02 17:37 x
こんばんは。たまたま覗いたらフェリーニの「道」が見えたので、素通りできなくて(笑)。ずいぶんたくさん賛辞を集めたのですね。私も大好きです。人生を少々経験したあとでは、ザンパノの方に自分を重ねてしまい、過去の誰かれに謝りたくなったりして(笑)。

「カビリヤの夜」や「ジンジャーとフレッド」も良かったです。
Commented by past_light at 2005-12-03 01:57
annaさん、おひさしぶりです。
お好きですか。annaさんも。覗いてもらってよかったよかった(笑)。
作家たちの褒め言葉もすごいですが、ネットの賛辞もなかなか熱いものがありますね。

他の方のものを読んでいると、自分が書くことがなくなります(^0^;

ジェルソミーナの瞳は永遠ですが、ザンパノの嘆きも魂に染みますね。
「カビリヤの夜」もとても好きです。
ラストにいたる場面がやはり忘れられないですね。

「ジンジャーとフレッド」、ふたりのあのステップが懐かしく切なく思いだされます。

マルチェロもジュリエッタもフェリーニもともにみなこの世から消えたんだというのが、どうも映画の映像を見ていると信じられないような気がいたします。
映画ではかれらは永遠なのですね。

Commented by ナカムラ ユエ at 2006-02-23 01:37 x
TBありがとうございました。
>他の方のものを読んでいると、自分が書くことがなくなります(^0^;
その通りですね。私もあらすじしか書けず仕舞いでした。(w
映画初心者ですがほかの作品も観てみようと思います。
Commented by past_light at 2006-02-23 18:11
ナカムラ ユエさん、こちらこそ。

映画の筋を話したくなるときは、もう伝えたい、共感したい・・という思いがとても強いと言うことで、これが伝わるとものすごい口コミの威力を発揮するんですよ。(笑)

ぼくは昔は友人に爛々とした目で熱っぽく喋っては閉口されたりもしたかと思うんですが、
じつのところ、意外にあちらも爛々とした目でこちらを見つめて聞いてくれた人も多いです。目は口ほどにものを言うんです。
で、語る口コミの威力はよく知ってます(笑)。
Commented by zenmai at 2006-04-12 22:06 x
実は、最初のコメントを書く前にこの記事を読んでいました。
「アマルコルド」ってフェリーニの田舎の方言で「私は憶えている」との意味だそうですが、フェリーニに夢中になって映画館でひとりフェリーニの映画を見ていた懐かしい日々を、アマルコルド(笑)。
Commented by past_light at 2006-04-13 18:26
zenmaiさん、コメントありがとうございます。
「アマルコルド」はぼくも映画館で見ました。楽しかったですね。
あの映画は楽しさ優しさ懐かしさという点では、フェリーニのなかでも最も愛すべき作品ですね。
ぼくはあの映画や他の作品などにも登場する、ちよっとすごい体格ですごくやさしくて、すごくエロチックな大女の笑い方がたまりません(笑)。アマリ凝ると、フェリーニの映画しか観なくなりそうで(笑)。