ブログトップ
「エンデの遺言、から」
 「エンデの遺言ー根源からお金を問うこと」という本がありました。
 NHKで放送されたドキュメンタリー「エンデの遺言」が、先に知られているのですが、ぼくは垣間見た記憶しかなく残念です。
b0019960_12513619.jpg
 エンデは「モモ」や「はてしない物語」の有名な作者ですけれど、どちらも映画でしか話をよく知りませんでした。しかし彼の対談など数冊読んでからは、いわゆる、単純に先入観としてイメージしていたファンタジーの作家という枠からは想像しえない、もっと大きな精神がそこにあるのだと、いまさらに知らされた気がします。

「モモ」が「お金-経済システム」を「時間」という形に置き換えた啓発的な物語らしいというのが、この本にも書かれているのですが、当時の書評などに出てくる理解は、どれも「現代社会の時間の持てない人間の存在、ストレス、あわただしさ・・」というような、エンデにとっても、外面的な賛辞と批評のみが目にされるばかりだったという。
 その中で、ひとりだけ、ある経済学者が深い理解をしている手紙を送ってきたことを、エンデは率直に喜んでいる。
 それは「根源からお金を問うこと・・老化するお金--時間とともに価値が減る(お金だけが価値が減らないための弊害)--貨幣価値の問い直し-地域通貨というアイデア・・」などにつながるのですが、ぼくはこの話を今ここでくわしくできるという自信はないので、いつか自分の中で熟するのを待ってからにしたい。

  経済学などに縁のなかったぼくのような人たちにこそ、縁ができる本なのかなともちょっと思いそうだが、読んでみれば古くからあるアイデアであり、部分的に試みられたこともあり、またヨーロッパなどでは多く知られているというのもわかる。
 今日、世界のいくつかの地域や、まったく同じというわけではないですが、日本でも地域通貨という形はいくつかの地区で試みられているようです。

 それで、実はちよっと話がずれるんですが、エンデの言葉の中に、とりあえずつよく共感する箇所があったので、紹介したいと思います。

 エンデが 「現代人は大人から子供まで--この本はなにをいいたいのかという質問--にとらわれてしまった」と嘆いているという話があります。

 「陳腐な決まり文句や、簡単なメッセージに置き換えることが、一冊の本を理解することだとするのは時代の偏見であり、本を読むことは豊かな体験であって、作者と読者の個別的な関係を築いていく行為だ」・・と。
 「数人の人が同じ本を読んでいるとき、読まれているのは、本当に同じ本でしょうか?」
 「あなたが人生の岐路で悩んでいるとき、ちょうどぴったりの瞬間に、ちょうどぴったりの本を手にとり、ちょうどぴったりの箇所をあけ、ちょうどぴったりの答えを見つけるならば、あなたはそれを偶然だと思いますか?」

 これらの言葉は、「本」を「映画」でも「音楽」でも「テレビドラマ」でも・・いろいろと置き換えることのできるものだと思いました。
  映画館で「何人もの人が同じ映画を観ているとき、観賞されている映画は、本当に同じ映画でしょうか?」(2002.12記述 2004.9修正)
[PR]
by past_light | 2004-09-21 19:47 | ■Column Past Light | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://past.exblog.jp/tb/315047
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by acoyo at 2004-09-21 20:43
また、今日はヘビーなテーマだ。「エンデの遺言」は観ました。それで、以前、「ハメルンの笛吹」について調べてた時、エンデ版を読み、ふうむと思いました。ふうむだけで、そっから先が進んでません(笑)。
私のエンデとpast lightさんのエンデは違うでしょう。リンチもまた違うように。だから面白いのにな、と私は思います。だから、話したくなるのにな、と。
Commented by past_light at 2004-09-22 02:21
ふうむ・・と思って、先に進まないことは多いです。

ちがうからいい、賛成の反対の反対。
これ、いざ、、っとなると、かけ声だけにならんと限らないので、度量が試されますよね。(笑)

ところで、リンチもまた違う・・ということですけど、まだなにも書いた記憶がないような・・(笑)。
まあ、予想はつく・・ってわけですね。

実はイラストとか映画とかのサイトを持っているのですが、コラムもしばらく休んでいて、映画も観ない日が多いし、コンテンツも増えてないので、ブログにコラムを再構成しようと思ってここに登録しました。新しい記事も書きたいのですが、さぼりぐせがついて・・。

それで、映画のノートも徐々にこちらにも載せて行きたいと思います。要は元のサイトを観て頂くのがいいのですが・・(笑)。
ミラーサイトみたいになって行くのが申し訳ないですが。御容赦下さい。 みさなま・・。

それで、リンチです。(^-^;