森田芳光監督「阿修羅のごとく」にどれだけ惚れていたの?

 ◆森田芳光監督は、アマチュア映画から出て来た監督としては、デビューから昇り龍のように成功した人だった。

 だった・・などと言ってはファンに怒られるが、ぼくにはその最初の数年の数本しか面白いと思う作品がない。しかし、その面白い数本はとても好きな作品なので、その後、こんなに関心が持てなくなる監督も珍しいのだ。
 「それから」その頃のこと、「想い出の森田芳光」なんて題の、写真のたくさん入ったシネマブックを買ったぼくは、そのタイトルに不吉な思いがしたものだ。彼自身がつけたろう奇妙なセンスの冗談タイトルが、その未来を予測していたのか(笑)。

 「のようなもの」の、センスある軽妙さと都会の夕暮れのような抒情、「家族ゲーム」の、間と間にあるユーモアと異質な鋭利さとの共存。
 しかし、あれよあれよと、とんねるずの出演作コメディや平成なんとか男・・なんて、もうどうでもいいような映画数々・・。だから最近は彼の映画は観ないことが多くて最近作を語ることはできないはず。
 しかしちょっと期待して先日観た「阿修羅のごとく」。
 がしかし、これもやはりそんな期待したできばえのものではなかった。

 いや、映画としてできばえはちゃんとしているといえるのだろうし、破綻は全くない。が、それは同じ文芸物の最初の作と言ってよい「それから」にあったような、原作に忠実に描きつつも新鮮に感じられた、あの映像の体験やシャープでありクールでもありながらのパッション、それはどこかへ消えてしまったとしか思えない凡庸な緊張感のない画面。

 なにか制作発表のころの記事などを思いだせば、新しい視点で、とか、映画化の意気込みが語られていたように記憶していたけれど、そんなものはどこにもなかった。     
 映画にする必然性がなかったと感じられるのは「残念」と言うほかない。

 そして、昔放映された和田勉演出の「阿修羅のごとく」を観たものにとっては、その重量感ある作とは比較しようもない退屈なものだろう。 ひとり八千草薫さんの女優としての完成度を確認できるというしみじみした感動をのぞいては。

 八千草さんは、役中の夫の浮気先の近くにさまよい出ての、その葛藤の心から倒れてしまうあの場面、森田監督の設定する平板な場所のなんとも魅力のない画面をしっかりと救ってしまった。

 役者さんの魅力が大きく左右してしまうとはいえ、深津絵里さんのがんばりはうれしい感じではあるけれど、和田勉演出の娘たち四人の確かな存在の余韻は森田監督版にはない。

 「どうしちゃったのだろう」、このところこの人の映画を見ると思う言葉だ。森田監督、やっぱり感覚は老いて深さは身につけなかった、ということなのか。

 ◆和田勉演出の女優たちについて、下のメモがその頃の感心ぶりを伝えます(2003.8)。
b0019960_17133792.jpg
 向田邦子の「阿修羅のごとく」の再放映があった。姉妹四人の配役も重厚。このドラマの最初の放映は20年以上ぐらい前のことなのだろう。

 今観れば向田ドラマに適材適所に登場する加藤治子さんが48才という設定なのが新鮮だ。この人のセリフ回しの天才的なところは、ここでも充分すぎるほど感嘆させられる。ほかのみんなもみごとはまり役でした。

 八千草薫さんは、よく知っている時期の可愛いあこがれのおかあさんだし、普通の奥さんの怖さもじわじわ沁み出ていてドラマでも中心的な人だ。
 石田あゆみさんも年代的にもあらゆる点で適役。
 わが青春時代、デビッド・ハミルトン、そのヌード写真のデビューの頃の絶世のタヌキ顔の魅力の風吹ジュンさんも、ほかの姉妹の演技のうまさにもうのせられたようにすばらしかった。
 演出者の熱い熱意が伝わる贅沢なドラマだ。演出者、顔もあっツいけれど・・。

 週の間に「想い出トランプ」 というドラマもあり、短編をオムニバスでしかも朗読によって運ばれるドラマ形式が思いのほかよかった。
向田邦子さんのうなる繊細な心理描写の巧みな表現で浮き出てくる、ちよっとした人の内面のエロスや怖さが堪能できた贅沢なドラマ週間だった。
[PR]
トラックバックURL : http://past.exblog.jp/tb/1643039
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by past_light | 2005-01-06 22:44 | ■主に映画の話題 | Trackback | Comments(0)

過去と現在、記憶のコラム。関連ありなTBはラヴリー。リンクはフリー。コメントはブラボー。


by Past Light
プロフィールを見る
画像一覧