ブログトップ
「父と暮らせば」 黒木和雄監督
井上ひさしという人の力も、この原作・戯曲のすごさも、あらためて知らされたような気がする。
それが背景にあり生まれたとしても、やはり映画としても素晴らしい作品。
b0019960_18223669.jpg
この映画を観ていても、舞台劇としてもきっと素晴らしいものだろうと確信される。
親子二人の広島弁による対話が美しく、しかも深いやりとりばかりで、胸が熱く詰まる。
静謐な背景,場面、静かに映される映像が控えめだからこそ、主題が深く内省的に我々に届く気がする。

黒木監督は映画化を井上さんにお願いするにあたり、映画になれば、「世界に観てもらえる」と快諾を得たそうだ。
それはできあがったこの映画を観て納得されたことだろうと思う。

ぼくとしては、今、現在として、観ていて思わないでいられなかったのだが、原爆と原発を同列に話すと笑う人々がいると思う。が、あえて置き換えても自然と思われるのではないかと感じた。
生物として、人として,命ということを考えれば、むしろつながりを感じての反応は正常ではないかと。

それを、恐ろしさを、肚に真に感じた者、経験したその後の人間の誠実な精神の反応は、この親子ときっと同じだと思う。過去の話ではなく、我々自身に常に問いかけられている命の核心に触れるものだ。

素晴らしい脚本を得た配役としての、宮沢りえも、故・原田芳雄も、代表作になるしかないと身震いの出る濃密な時間だった。
[PR]
by past_light | 2011-08-29 03:15 | ■主に映画の話題 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://past.exblog.jp/tb/16191920
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by さすらい at 2011-08-30 02:05 x
 私もこの映画に感動して、DVDまで買い込んでしまいました。原爆と原発は同類ともいえそうです。「核技術」を「原子力」と言い換えたところからもうさんくささを感じます。核技術は、人間にはコントロールできない未完の技術です。安易に原子力の安全神話にくみすることはできません。
Commented by past_light at 2011-08-30 18:55 x
先日でも放送された特集なんかでも、もともと平和利用という中身には核アレルギーをやわらげて行くための心理的な仕組みも入っていましたね。手放したくないものなんですよ一部の人間には。その一部が権力側にいるので生命体・地球自体が危ないわけですが。闇の勢力とかSF的な表現さえ当てはまる世界が本当に僕らの世界です。