トラッドソング シェシェ

サントリーのウーロン茶のCMソング集の最初のアルバムを借りてきた。
以前から、中国語って、話す人によってずいぶん違う感じで聴こえるのが不思議でしたが、中国の少女的な発声によることばのなんと可憐なことよ。
早口でまくしたてる商人とか政治家とかの言葉とは違う国の言葉に聴こえるのがまた不思議。
でも、きっと、きっと、日本もなんだろうね。

アマゾンで視聴できます。下記のトラッドソング、この曲がすごくかわいくて好きです。
16. 太湖船1
こちらがページ
[PR]
トラックバックURL : http://past.exblog.jp/tb/11779196
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by さすらい at 2009-08-22 21:44 x
中国語って,ニュースか何かのしゃべり方の印象が強いですし、以前に勤めていた近所で、元紅衛兵だった方が電話口でしゃべっているときの早口がすごいテンポだったので、その印象が強かったのですが、歌になると全然違いますね。音楽は国境を越えると良くいいますが、歌もそうですね。
Commented by past_light at 2009-08-23 00:41
そうです、総じて印象は男性に多いのが早口の押し切り型か。
映画で観ていると、チャン・イーモォ監督の映画に登場する女性たちの中国語はかわいく聴こえるのは、これはこちらが男性だからか(笑)。
このアルバムで聴いていると、歌になるとよけいに魅力的な言葉に聴こえますね。
Commented by さすらい at 2009-08-31 17:23 x
同じ言葉でも,しゃべり方で印象が変わるなあと思うのは、韓国と北朝鮮のアナウンサーのしゃべり方。
いっそ、日本のテレビも曲ごとにしゃべりかたを変えたらおもしろいかも(笑)
Commented by past_light at 2009-09-01 01:17
局ごとに極がありそうですね。富士山系は保守系バラエティモード奏法あたりでしょうか・・(笑)。
Commented by さすらい at 2009-09-01 23:38 x
チャンネルを変えるたびに、違った日本語をしゃべっていて、ドラマまで徹底していたら、さしずめNHKだけが共通語と言うことでしょうか。電子辞書も、広辞苑も楽しいものになります(笑)
by past_light | 2009-08-22 20:11 | ■ちょっとミニメモ | Trackback | Comments(5)

過去と現在、記憶のコラム。関連ありなTBはラヴリー。リンクはフリー。コメントはブラボー。


by Past Light
プロフィールを見る
画像一覧